カテゴリ:Work( 167 )

10周年プロジェクト第1弾「オリジナル ハーブの手ぬぐい」

10周年プロジェクト第1弾は、ハーブの手ぬぐいの作成でした。
ハーブの手ぬぐいは、ハーブの活用のアイデアを日頃から目につくところに描いておいて、
必要な時には、気軽にハーブに手を伸ばしていただきたいという思いから出来上がりました。

まず案としてあがったのは、ポスタータイプのハーブ製剤ファーストエイド早見表。
イギリスで暮らしていた時に、市販のものを使っていたのですがとても便利でした。
何かあって、慌てている時はポスターの貼ってあった洗面所に駆け込んで処置を確認していました。
現在も、そのポスターを洗面所に貼り付けています。
同じようなアイデアのものを、日本で手に入りやすいものを利用して作ろうと思いました。
a0057830_19120493.jpg
もう一ついいなと思っていたのが、イギリスで使っていたハーブやスパイスの図柄を書き込んだティータオルでした。
ティータオルは、手ぬぐいよりも大判で、素材はリネンでできています。
ティーコージーの代わりにティーポットが冷めないように包んだり、
ランチョンマットのようにテーブルに敷いてつかったり、
食器を拭いたり、主にキッチンで活躍します。
そこに簡単なハーブやスパイスの図案と共に用途が配されていて、日常でのハーブ活用のヒントが散りばめられていました。

周りの声を聞いたり、イラストレーターに相談したりして、
また、便利で実用的なものを検討し、最終的に素材が手ぬぐいに決まりました。

herbs’havenで作ったハーブの手ぬぐいは、ティータオルに比べたらサイズは小さめ、素材はコットンです。
生地は目が細かくて、手触りも柔らかい岡生地を使用しています。

ティータオルをイメージしていますので、ぜひキッチン周りで使ってください。
食器拭きの代わりに。
a0057830_18463009.jpg
布巾として、カバーとして食器などにかけて使ったり。
a0057830_18432734.jpg
もちろん、ハンカチのように折りたたんで持ち歩いていただくこともできます。
8種類のハーブを描いているので、畳み方のよって違った絵柄が出てきます。
まずはカレンデュラ。
a0057830_18473211.jpg
花が描かれたローズヒップ(ワイルドローズ)。
a0057830_18484010.jpg
ヒソップとローズヒップの実に、herbs’havenの番犬たち。
a0057830_18422945.jpg
他にも、スイートフェンネル、
ペパーミント、
ヤロー、
レモンバーム、
ジャーマンカモミールが描かれています。

日常的に、ハーブティーとして利用しやすいハーブ8種を選びました。
どんな時に何をブレンドすればよいかがわかるように、簡単なキーワードで添えています。

今回のイラストを担当してくれたのは、イラストレーターの小野寺光子さん
以前暮らしていた香港が縁で、今回の依頼をしました。
ブログやインスタグラムで発信されている感性や色彩に憧れていて、
ハーブのティータオルを作るならぜひ小野寺さんにと決めていました。

ガイドブックの正確な情報とその緻密な下調べも定評があり、
今回も各ハーブの植物画と写真を元に、描いていただきました。
出来上がったイラストのハーブは、実寸でなく、
例えば、同じ季節につくことのない花と実をつけていただいたりアレンジしてもらっています。

ハーブに興味を持ち始めた初心者の方、
いつも飲んでいるハーブティーにひと味加えたいと思っていた方、
お庭やプランターで育ったハーブをどうにか使えないかと悩んでいる方、
この図案が気に入った!色が気に入った!という方などなどに、
ぜひ使っていただきたいです。
ご自宅用にも、贈り物にもご利用下さい。

こちらの手ぬぐいは、2色。
図案が細かく描かれているので、注染ではなく、プリントです。日本製。
どちらの色も1枚1,000円(税込)で販売しています。
(販売時は折りたたんで、ビニールの袋に入っています。折じわがありますがご了承ください。)

*お求めは、こちらから。
*奄美大島内のイベントでも、販売を予定しています。
a0057830_18454533.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-03-13 09:00 | Work

2017年4月開講「子どもと楽しむハーブ療法」

2017年4月から新講座を開講する「子供と楽しむハーブ療法」のご案内です。

こちらの講座は、小さいお子さんをお持ちの方でも気軽に参加していただけるように
フレキシブルな設定にしています。
a0057830_21493354.jpg
全5回のクラスをご用意しましたが、興味があるもののみを選ぶことができます。
もちろん、1回のみの参加も可能です。

日程は、平日の午前又は午後、土曜日午後より選んでいただけます。
毎回、同じ曜日と時間でなくても大丈夫です。

最小催行人数を1人にしましたので、小さいお子さんが一緒でも気軽に参加していただくことができます。
お友達で誘い合わせていただいて、数組集まるのも楽しいと思います。

詳細は下記の通りです。
a0057830_08291678.jpg







[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-03-06 21:27 | Work

平成29年度 龍郷町公民館講座「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」

平成29年5月に開講される平成29年度 龍郷町公民館講座のご案内です。
ハーブ講座「ガーデニングで作る緑の薬箱」(全10回)

1年を通して、奄美で栽培できるハーブをどのように活用できるかを学んでるいただく講座です。
お庭やプランターで育てたハーブを日頃の体調管理に利用してみませんか。
a0057830_21151005.jpg
詳細は下記の通りです。
参加条件がありますので、ご確認ください。
申し込み方法は、4月1日頃、各家庭に配布される公民館講座案内(申込書付き)を参照してください。
a0057830_08292165.jpg



[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-03-05 21:37 | Work

3/13(月)11:30-16 瀬留ボタニカルマーケットin 奄美大島


a0057830_21173476.jpg

冬の寒さが緩み、春のお庭の計画を立てていらっしゃる方も多のではないでしょうか。お庭に彩りを加えるハーブやベランダでも簡単に育てられるキッチンハーブの苗はいかがですか?


3/13(月)11:30〜16まで、瀬留ボタニカルマーケットにて、ハーブティーとハーブ苗の販売、ハーブバスソルト作りワークショップを開催します。


会場となるのは、和風茶屋こっち。店内に季節の花が配された落ち着いた空間と、丁寧に作られたお食事が美味しい古民家カフェです。当日は、自家製烏骨鶏卵をつかったシフォンケーキやチーズケーキなどとドリンクのテイクアウトができます。


そして、今回ご一緒させていただくSucculentholicさんとgarden gardenさんは多肉植物の専門家。ガーデニング雑貨の販売も楽しみです。


herbshavenは、裏を流れる川を眺められるテラスで、ハーブ苗の販売させていただきます。春のガーデニングプランにぜひ加えてください。今回は、お庭の彩りを添えてくれるマレインや、可愛らしいキャットニップ、香りのよいレモンユーカリなどなどを販売予定です。


また、ハーブバスソルト作りのワークショップは、随時開催です。選んでいただいたお好みのハーブと死海の塩をつかって、15分ほどで簡単に仕上げることができます。


皆さんのお越しをお待ちしています。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-14 21:28 | Work

大勝桜祭り 報告

本日の大勝桜祭りは途中大雨に見舞われましたが、
賑やかに楽しく終わりました。
ご来店いただいた皆様ありがとうございました。

今回ご用意した2つのブレンドハーブティー、
カモミールやエルダーのフローラルな「WINTER」とミントやローズマリーが香る「GREEN」は、
ともにご好評いただきました。ありがとうございます。
これからも、少しずつですが奄美で育ったハーブを加えてブレンドハーブティーを作っていきたいと思います。
a0057830_20200194.jpg
一緒に出店させていただいたショップを一部になりますが、ご紹介させていただきます。
ほとんど自分のショッピングリストになりますが...

まずは目を引いたのが、こちらの植物キャンドルたち。
大豆からできたソイワックスに奄美で採取した植物が閉じ込められています。
手前から、ムラサキシキブ、ヒカンザクラ、カポックなどなど、とても色鮮やかでした。
a0057830_19104742.jpg
それから、以前から気になっているKOSHIRAERUさんの奄美の地図パズルと、藍染されたブローチ。
奄美で取れる木材を使って作られています。
a0057830_19104297.jpg
それから、Atelier Limaさんのアクセサリー。
大島紬の織りの工程ででる絹糸を使ってつくっているそうです。
a0057830_20192738.jpg
お食事どころも、HUBS CAFE、フィオーレ、雨の日パンなどなどお腹も心も満たされる1日でした。
a0057830_20195448.jpg
桜祭りは終わってしまいましたが、奄美のヒカンザクラお花見シーズンは続きます。
奄美がピンクに染まるこの時期を楽しんでください。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-05 20:55 | Work

2/5(日)13−17 第5回 大勝さくらまつり in 奄美大島

奄美大島では、緋寒桜が咲いています。
ソメイヨシノに比べると花の色がつよく、ボッタリした印象ですが、
沿道に咲きそろうと独特の風情があります。

街中の桜の下をそぞろ歩くのもよし、
ピンク色に染まった山を眺めるのもよし、
山に広がる桜のトンネルをドライブで駆け抜けるのもよし。
昼の顔も、夜の顔も楽しみがあります。
*こちらはメジロと緋寒桜。昨年撮影したものです。
a0057830_21084753.jpg
そして、この時期、緋寒桜を楽しもうと島のあちこちでイベントが催されます。

その中で、龍郷町大勝集落で開かれる大勝桜祭のマルシェに参加することになりました。
今回もハーブティーのホットドリンクとパッケージ入りのものを販売をいたします。

お祭りでは、午後13:00からマルシェやフリマ、ワークショップ、夕方18時からはステージイベントも予定されています。
ぜひ、お立ち寄りください。
a0057830_23200151.jpg





[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-01-30 10:15 | Work

12/17(土)11−16 Frasco de Marche in 奄美(大勝)

a0057830_14023919.jpg
12/17(土)11:00〜16:00 Frasco de Malche(奄美大島)にて、ハーブティーの販売をさせていただきます。大勝集落内3店舗で開催されますが、そのうち、島で手に入る天然木や流木を使った雑貨などを作っているKoshiraeruさんにてブースを設けさせていただきます。

当日は、ホットドリンクの販売の他、パッケージ入りのものを用意していますので、ご自宅でのティータイムやクリスマスギフトにもどうぞ!

ハーブティーのブレンドは2種類ご用意しています。
*NOEL
マイルドスパイスを加えたクリスマスブレンドです。島でいま旬なあのハーブを加えて、さっぱりした風味に仕上げました。

*WINTER
寒い冬を暖かく元気に過ごすたのブレンドです。カモミールをベースにしたフローラルな風味です。


 *イベントの詳細は、下記のポスターをご覧ください。
a0057830_18531398.jpg

a0057830_18534638.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2016-12-06 19:24 | Work

12/10(土)WS「スパイスで遊ぼう!」@南の島の助産院(奄美大島)

a0057830_15223646.jpg奄美も少しずつ寒さを感じるようになり、クリスマスが近づいてきました。シナモンやクローブ、ジンジャーなどのスパイスを使って暖かく冬を過ごす準備をしましょう。今回も、お子さんと一緒に楽しめるように「作ってみる!使ってみる!」をテーマに行います。

前半は、スパイスドリンクについて。よく使われるマイルドスパイスと、スパイスを使ったあったかドリンクやクリスマスのモルドワインのレシピを紹介して、実際に作って試飲してみます。後半は、クリスマスの飾り作りです。クローブをつかったポマンダーやスパイスや松ぼっくり、柊の葉などを使ってクリスマスのキャンドルホルダーを作ります。
皆さんのご参加お待ちしています。

日時:2016年12月10日(土)10:30−12:00
参加費:大人1人につき、1回3,000円 (ハーブティー、材料代込み/別途、ワークショップに参加されるお子さん一人につき、材料代1,000円追加)
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。1回のみの参加も歓迎です。お気軽にいらして下さい。
*大人の方のみの参加も歓迎です。お子さんには必ず大人の同伴をお願いします。
*赤ちゃんや小さなお子さんを連れての参加も歓迎です。

場所:南の島の助産院 〒894−0031 奄美市名瀬金久町4−15 リッチヒルズ朝の海 2−A

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2016-11-30 07:00 | Work

連載:続・ハーブよもやまばなし 第3回 奄美大島「薬剤師とメディカルハーバリスト」

a0057830_21473526.jpg 薬学生・薬剤師向けに発行されている情報誌MIL69号にて、続・ハーブよもやまばなしと題して、ハーブ療法の可能性を模索しています。香港、フィンランドと続いて、今回は鹿児島県の離島、奄美大島です。自らの保険薬剤師とメディカルハーバリストとしての経験を載せています。イギリスで活動されていた田舎のコミュニティハーバリストを目指して感じたことや体験をまとめました。改めて、自らの課題を再認識しました、

*オンラインでの無料閲覧はこちらから

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2016-10-20 21:46 | Work

連載:続・ハーブよもやまばなし 第2回フィンランド「ハーバリストと伝統植物療法」

a0057830_22012438.jpg薬学生と薬剤師向けの情報誌MILでの連載も第2回。こちらの雑誌では、薬剤師の仕事の可能性や、薬学教育、薬学生の自主的な活動レポートなどが掲載されていますが、海外から発信される情報が多いのが特徴です。そこで、続・ハーブよもやまばなしでは、ハーブ療法、伝統植物療法と呼ばれている分野の国内外の伝統文化や日常生活での関わり方、教育制度、法規制などを比較、検証し、日本におけるハーブ療法の可能性を考えています。

今回は、2014年6月にヘルシンキで活躍されるハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんを訪ねた時に伺ったお話を元にしています。民間レベルでハーバリストの養成が行われているフィンランドにおけるハーブ療法の現状と、日本のハーブ療法のあり方を重ねて考察しました。

*オンラインでの無料閲覧はこちらから

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2016-07-25 22:00 | Work