「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Herbs( 68 )

herb:ノニ Morinda citrifolia

4月のハワイ・カウアイ島で出会ったノニnoni(Morinda citrifolia)。その昔、ハワイの王族の女性たちが出産する時に使っていたというBirth Placeの横にちょこんと植えられたノニが目にとまりました。これは最近植えられたものだけれど、当時も周産期に重宝されていた薬用植物だったそうです。果実は栄養価が高く、生殖機能を整え出産に向けた体づくりに欠かせない植物として扱われていました。
a0057830_10113420.jpg
現在、日本でも果実を加工したノニジュースを手に入れることができます。
しかし、今回注目したのは葉をハーブティーとして服用する方法です。
a0057830_10100450.jpg
ワイキキのファーマーズマーケットで出会ったハーブ農家・KiheneのIkaikaさん。
ハワイ島で3世代もに渡ってハワイアンハーブの栽培をされているそうです。
栽培種は数十種類あるそうですが、その中からオススメのハーブについてお話ししてくれました。

いろいろ質問したので詳しい情報を調べてくれているところ。
a0057830_11565043.jpg
この日のオススメは、ママキMAMAKIとノニNONI。赤い色のママキ茶の試飲もしていました。
a0057830_11572405.jpg
こちらがノニの葉を乾燥させたもの。
深い緑色をしています。

a0057830_10015957.jpg
ハーブティーにしたらこんな色合い。想像した通りでした。
そして、香りも味わいもネトルのよう。
1時間くらい蒸らすといいと聞き、試してみましたが渋みやえぐ味はなく、味わい深くなりました。
a0057830_10011768.jpg
枝の中の方を覗いてみると、実はまだまだ青かったのですが、お花を咲かせているのが見えました。
なんとも可愛らしい。
a0057830_10033222.jpg


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2015-04-17 22:04 | Herbs

herb:ローズヒップ Rosa canina

冬に新鮮な野菜や果物がなかなか手に入らなかった時代には、ビタミンCの補給にローズヒップのシロップを飲んでいたそうです。
ローズヒップ(Rosa canina)は、ワイルドローズの実を指します。
ワイルドローズは、夏に可愛らしいピンクの花が終わると、秋に真っ赤でツヤツヤの実をつけます。これをひとつずつ摘み取り、丁寧に中の種を取り除き乾燥させたのがローズヒップです。
a0057830_06291240.jpg
ハーブとしてのローズヒップの効能は、ビタミンC補給が主です。
ハーブティーに入れると味にアクセントになるし、程よくマイルドに整えることもできます。
a0057830_06292895.jpg
この写真は、ローズヒップと同じ季節に収穫したホーソンの実が混ざっています。
ラグビーボールのような形のほうがローズヒップです。
a0057830_06295187.jpg
この実を乾燥させてパウダー状に挽いたものを、最近、焼き菓子作りに頻用しています。
a0057830_06193736.jpg
昨年の夏に訪れたスエーデンではみつけたNylon(ニッポン)。ストックホルム在住の友人がおいしいよと勧めてくれて、500gの大袋をスーツケースに詰めて帰って来ました。どんなハーブかわからなかったけれど、ビタミンCがたっぷりと読み取れる表示があるし、北欧はベリー系が充実しているので、ものは試しにと思い購入しました。それがローズヒップのパウダーだったのです。
a0057830_06272287.jpg
ローズヒップのスコーン。全粒粉にローズヒップパウダーを加えています。ひと口たべただけで、甘酸っぱさが広がります。
生地がピンク色に色づくのも可愛らしくて気に入っています。
a0057830_06245349.jpg
ミューズリーにも。ヨーグルトをかけて食べるとよく合います。
a0057830_06215503.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2015-03-07 22:51 | Herbs

herb: カレンデュラ Calendula officinalis

9種類をご用意しているherbs'havenのオリジナルブレンドティーの中から、この季節におすすめの「ピッタリ harmonize」をご紹介します。元気なオレンジ色のカレンデュラをたっぷり使ったブレンドです。寒さの厳しいこの時期に飲みたくなるブレンドです。
a0057830_22531678.jpg
a0057830_2253344.jpg

「ピッタリ harmonize」ブレンドは、英語名にもあるようにharmonize 調和をとることをイメージしています。甘みのある優しい口当たりに仕上げてしますが、実は苦味があり芳香性の高いヤローも入っていて、優しく、しかし、しっかりとからだのバランスを取ってくれるブレンドです。

マリーゴールドは、ヒーリングハーブとして荒れた粘膜や皮膚を修復をしてくれます。ストレスで胃腸に負担のある時にも向いています。また、ヤローの苦味があるので、優しく消化器系の調子を整えます。毎日の食事からきちんと栄養を吸収できるからだを作るのは、健康の基本です!また、このふたつのハーブは月経を整え、穏やかに子宮を強壮するので、特にトラブルのない方にも、快適でスムーズな月経を促します。
a0057830_22523323.jpg
マリーゴールドをメインにしたブレンドは珍しいかと思いますが、秋の気持ちが少し沈んで来る時や、寒い冬の心に光を差し込む暖かさをイメージもしています。つかれた心を癒してくれるハーブでもあります。ヤローの苦みは肝臓をブーストしてくれるので、感情が停滞してウツウツとしている時には軽い刺激を与えてくれます。

いつもの自分の調子が出ない時に「ぴったり」いつもの調子に戻してくれるそんなブレンドです。
a0057830_22521418.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2014-02-14 09:42 | Herbs

herb:ローゼル Hibiscus sabdariffa

夏の終わりにローゼル Hibiscus sabdariffaの収穫をしました。日本では、ハイビスカスという名前でもよく知られているハーブです。ローゼルは、夏の盛りを過ぎた頃から、淡いピンクのお花をつけます。
a0057830_2115983.jpg
ローゼルの使用部位は咢。お花を裏から覗き込んでみると見えるこの赤い咢を使います。お花が終わり咢に隠れた種の莢が膨らんできたら、収穫のサインです。
a0057830_21143040.jpg
収穫したばかりの咢。真っ赤でツヤツヤ。夏の太陽をたくさん浴びた証です。この咢から、中心にある種の莢を取り出し、乾燥します。
a0057830_21164667.jpg
お花を見てピンときた方もいるかと思いますが、オクラと同じ仲間で、アオイ科の植物です。種の莢も、オクラのようにちょっとネバネバしています。
gardening diary:ハイビスカスの収穫もあわせてどうぞ!

ちなみにこちらが、亜熱帯から熱帯地方でみられる一般的なハイビスカス。
a0057830_20591096.jpg


ローゼルは、ハーブティーを入れると、赤い色が映えてとてもきれいです。私もハチミツに漬けたり、ジャムのように煮込んだりして、お料理にも活用しています。
a0057830_8182821.jpg
そんなローゼルをつかったステキな一品、ローゼルパイ。島のマクロビスイーツ屋さん・tsumugiさんの作です。お味は酸味と甘味がほどよく、絶品です!
a0057830_1957842.jpg


奄美でおすすめのマクロビスイーツ屋さんです。うちからは、1時間程ドライブして、海上タクシーに乗り換えて、さらに少しドライブしたところにあるので、私もなかなか食べることができません。うれしいことに郵送をしてくれます。島外への発送もしているので、ぜひ!a0057830_208461.jpg 

tsumugi
加計呂麻島・瀬戸内町押角452-3
tel 080-5527-4910
営業時間 土・日のみ 11:00~夕方
サイト→

*マクロビオティックのスイーツ(加計呂麻島のパッションフルーツやパイナップルなどをつかったクッキー、パイなど)の他、天然酵母のパンや玄米菜食のお食事BOXなども販売しています。
*秋のおやつBOXはおいしそう!→
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-29 21:28 | Herbs

herb: チコリー Cichorium intibus

チコリーCichorium intibus と聞いて思い浮かぶのはなんでしょう?
野菜としてのチコリー?爽健美茶に含まれる薬草?
a0057830_9525015.jpg
チコリーはひょろっとした茎に青紫色の花をつけます。やや暖かみのあるパンジーやラベンダーの紫に比べると、チコリーやボリッジはクールなイメージです。かわいらしいお花ですが、クールでハンサムなイメージもあります。
a0057830_9514736.jpg
私がチコリーを使うのは、代替コーヒーとしてです。カフェインを含まない代替コーヒーでは、タンポポ根が一番よく知られているいますが、そのタンポポと一緒にブレンドされていたり、大麦(barley)とブレンドされているものが市販されています。チコリーコーヒーに使うのは根です。お花が終わって、茎が枯れた頃に収穫します。
a0057830_952060.jpg
作り方は簡単。1)収穫した根は泥を落とし、しっかり洗い、薄くスライスしてから乾燥させます。2)カラカラに乾燥したら、フライパンで香ばしくなるまで煎ります。3)コーヒー豆用のブレンダーで挽きます。このままでもおいしいですが、スパイスミルクコーヒー(?ティー)にしてもよいです。いつもはハチミツを足していますが、メイプルシロップもおいしいと聞きました。
ぜひ、色々試してみて下さい!
a0057830_9514298.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-23 12:17 | Herbs

4/12 グリーンフラスコ Tea Party

自由が丘のハーブショップ・グリーンフラスコでハーブ植え会があるということで、herbs'habenから苗と種を届けました。
a0057830_20175879.jpg

苗は、私たちが種から育てた子たち。小さな白いお花を咲かせるものや、ぐっと伸びたせいたかのっぽに黄色の花がつく子などが届けられました。種は、去年庭に育った子から収穫した奄美産です。亜熱帯でよく育つ赤い子や、イガイガの葉っぱとピンクのお花が特徴的なあの子を選びました。
気になる方はぜひ参加してみて下さい。

日時:2013年4月12日(金)14:00〜16:00
場所:グリーンフラスコ・バロンホール(東京・自由が丘)

詳細→グリーンフラスコ
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-04-02 20:18 | Herbs

herb:ジンジャー Zingiber officinale

ターメリックの収穫で、同じショウガ科のジンジャー(ショウガ 生姜 Zingiber officinale)との特徴の違いを紹介したので、遅ればせながら今年のジンジャーの収穫の様子をお伝えします。

こちらが根を取り除き、きれいに土を払った状態です。お店で見るのはこんな状態だと思います。
a0057830_447230.jpg
もともとは、根がたくさん生えてモシャモシャしています。
a0057830_4463728.jpg
ここで特徴の違いを見てみましょう。近づいて見るとわかりますが、根が根茎から出ているのが、ターメリックとの違いです(ターメリックは、根も根茎も植物の基部から出ています)。
a0057830_4462165.jpg


ちなみに、収穫したショウガの一部はジャムになりました。→
今年は食材として使い切ってしまったので、来年はもっとたくさん育ててグリセリンチンキ剤やパウダーなども作りたいです。
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2012-12-10 22:24 | Herbs

herb:エルダー Sambucus nigra

一段と冷え込むようになり、体を温めてくれ風邪の引き始めにもよく使われるエルダーが活躍する季節になりました。日本ではエルダーフラワーが頻用されますが、herbs'havenのエルダー(Sambucus nigra)には、フラワーとベリーがブレンドされています。エルダーベリーを使ったことありますか?
a0057830_173638100.jpg

a0057830_103812.jpg
英国では野生のエルダーからフラワーを摘むことができます。もちろん、秋になればベリーの収穫も可能です。ベリーはきれいに乾燥させるのが難しくシロップにしていたのですが、一般的にも多くはジャム、ワインなどお料理用に加工するようです。

ハーブとしては、ルチンなどのフラボノイド、ビタミンCを含み抗酸化作用をもっているため、コレステロール値をさげたり眼精疲労にもちいられる他、免疫力を強化するといわれています。そのため、感染症による咳、風邪やインフルエンザによく使われます。エルダーフラワーのもつ発汗作用に併せてベリーの免疫強化作用を、ぜひ風邪症状の改善、特に発熱時に活用して下さい。
a0057830_1025583.jpg
a0057830_18233589.jpg今年は、クリスマスにとエルダーワイン(イギリス産)をいただきました。こちらはエルダーフラワーから作ったもの。開けた時に広がる香りが今から楽しみです:-)

*エルダーフラワーの楽しみ→

*ブレンドエルダーの他、エルダーフラワーのみ、エルダーベリーのみの販売もしていますので、お気軽にお問い合わせ下さい→
[PR]
by saori_ishimaru | 2012-12-02 18:52 | Herbs

herb: ターメリックCurcuma longa

秋になり、根っこの収穫の時期になりました。ハーブ療法ではマシュマロー、ネトル、ダンディライオン、チコリーなどと並んで定番なのが、ターメリック(ウコン鬱金 Curcuma longa)です。亜熱帯から熱帯気候を好むということで、栽培にはピッタリの奄美大島でも収穫の時期を迎えました。

周りの土をほぐしながら、一気に引き抜くと地下部はこんな風になっています。結構しっかり根が張っているので、力一杯引き抜きました。ハーブとして使用するのは根茎です。やや小振りですが、中は鮮やかなオレンジ色です。
a0057830_6532032.jpg
根も根茎も植物の基部から出ているのが、ジンジャーとは違います(ジンジャーは根茎から根が出ています)。
a0057830_6534173.jpg
収穫した根茎は、スライスして乾燥させます。
a0057830_653942.jpg
フレッシュのグリセリンチンキ剤も作ってみました。鮮やかな黄色がきれいです。
a0057830_6525682.jpg

[PR]
by saori_ishimaru | 2012-11-09 07:11 | Herbs

クリスマスにスパイス!

もうすぐクリスマス。herbs'havenでは、イギリスのクリスマスを紹介するミニ・ワークショップを開催しています。

私が以前住んでいたエジンバラでは、この季節心底冷え込むため、スパイスの利いた食事や飲み物、お菓子作りをよくしました。夜には、オーブン料理をしてキッチン・ダイニングを温め、フラットメイトみんなが集まるというのがお決まりのパターンでした。

イギリスに行ってから初めて作ったのが、ポマンダー。オレンジにクローバーを差し込んで、リボンを飾るだけですが、オイルヒーターの上においておくと部屋中にクリスマス気分の甘いスパイス香りが広がります。
a0057830_7152677.jpg

次に、モルドワイン。レシピはいろいろありますが、ようはフルーティーな赤ワインにスパイスを入れて温めるもの。クローブ、シナモン、カルダモン、フレッシュジンジャー、そして、うちでは、ローズマリーを加えてアクセントにしています。シナモンですが、少し強めの風味が欲しいので、ホールとパウダー両方を使っています。
a0057830_7145651.jpg

最後は、エンジェルビスケット(ジンジャービスケット)。シナモン、ナツメグ、クローブのパウダーの他、フレッシュジンジャーを刻んで作ったドライジンジャーを入れています。手づくりドライジンジャーは甘くて優しい味。今回はリクエストで刻んだレーズンまで入っています。
a0057830_7571164.jpg


*herbs'havenでは、ご要望に応じて様々なセミナーやワークショップをアレンジしています。お問い合わせはherbshaven☆gmail.com(☆を@に変えてください。)
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-12-22 08:00 | Herbs