<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

オリジナルブレンドティー:「スッキリ stomach ease」

herbs' havenでは、9種類のオリジナルブレンドハーブティーを販売しています。

ハーブティーには、奄美大島で収穫したハーブと海外から輸入したハーブが使われています。
奄美大島で栽培している量が少ないので、季節によっては輸入したものが混じっていることもあります。
気候が合わなくて、亜熱帯の奄美大島で育たないものは代わりにヨーロッパ産のハーブを使っています。

今回は、オリジナルブレンドティーの中から、
’スッキリ’な味わいが特徴の「stomach ease」ティーをご紹介します。
ペパーミント
スイートフェンネル
リコリス

たった3種類のシンプルなブレンドですが、
食べ過ぎて胃が重い時、
頭が重い感じのする時、
午後の眠気を感じる時
などに’スッキリ’させてくれます。

ミントの清涼感に、スイートフェンネルのスパイシーさ、リコリスの甘味がマッチして飲みやすく仕上がっています。
a0057830_13574291.jpg
現在、販売しているものには、昨年奄美大島で収穫したペパーミントが入っています。
a0057830_21132969.jpg
スイートフェンネルは、色が薄めのイギリスから購入したものと、色が濃い奄美大島で収穫したものが混じっています。
a0057830_21133688.jpg
リコリスは、輸入品です。
残念ながら、herbs’ havenのリコリスはまだこんなに小さな赤ちゃん。
うまく育てば5年後ぐらいに収穫できるかもしれません。
a0057830_21333404.jpg
*オリジナルブレンドティーの詳細はこちら

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-25 21:35 | Herbal remedies

herb:エルダーベリー Sambucus nigra その2

冬の寒さによく飲まれるハーブティーにエルダーフラワー(Sambucus nigra:セイヨウニワトコ)があります。
体を温めてくれるので、ゾクゾクする風邪のひき始めに、ペパーミントやヤローとよくブレンドされるハーブです。
クリーム色の小さな花を乾燥させると、淡い黄色になり、ハーブティーにすると黄色く色づきます。
a0057830_19182858.jpg
この花が、秋になって実になったのがエルダーベリーです。
a0057830_14055114.jpg
熟すと、濃い紫色に変わります。
免疫力を強化する作用があると言われているので、風邪やインフルエンザの予防に摂取されます。
*以前、ご紹介したエルダーベリーについての記事はこちら
a0057830_13550066.jpg
大さじ1杯くらいのエルダーベリーにコップ1杯のお湯を注いで、
紫色に染まるまで弱火でコトコト煮ます。
この時期なら、ストーブの上にかけておくだけでも綺麗に煮出すことができます。
暖かいうちに、飲んでください。
ハチミツを加えて、シロップ仕立てにすると、お子さんでも美味しくいただけます。
a0057830_13550513.jpg
もっと簡単に摂るには、ジュースが市販されています。
甘味は付いていないので、お好みで蜂蜜などを加えても美味しいです。
a0057830_19490071.jpg







[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-24 20:01 | Herbs

book:「Flora Forager」

人気インスタグラマー、Bridget Beth Collinsさんの「Flora Forager」を入荷しました。昨年8月に販売されて以来、ガーデナー友達やハーブ愛好家の仲間の間で流行っていて、私もガーデニングダイアリーとして愛用しています。

Flora Forager」は日記帳などに使えるノートタイプのもので、Bridgetさんのインスタグラム・Flora Foragerで配信されているアイデアあふれる植物アートが各ページに配されています。全体が4部に分かれていて、四季に沿った風景やイメージが表現されています。ひと目作品を見れば、たちまち、その魅力に引き込まれてしまいます。
*「Flora Forager」の本の詳細はこちら
a0057830_17365321.jpg
参考に、どんな活動をされている方なのかが紹介されているBridgetさんのインタビューをオンラインで見つけました。

こちらの本、手にとってみたいと思った方も多いかと思います。
3/13(月)の瀬留ボタニカルマーケットにて、少量ですが販売予定です。
見本も持っていきますので、ぜひ手にとって開いてみてください。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-23 22:15 | Books

ハーブの収穫:クリバーズ Galium apprine 編

寒さの合間に暖かい日がちらほらしてくると、お散歩したり、庭仕事をしたり外をプラプラしたくなりませんか。
この時期ならではの雑草ハーブを摘んで、ハーブティーにしてみませんか。

ハーブを育てるのが苦手な方もご心配なく、
雑草ハーブと呼ばれるとおり、雑草として勝手に生えてきます。

お庭を持っている方にはおなじみの雑草です。
引き抜いてただ捨ててしまう代わりに収穫してみましょう。

探すのは、クリバース(Galium aparine アカネ科;和名はヤエムグラ)。
写真の中央に生えているヒョロヒョロしていて、葉が節ごとに八方に広がり、輪生している植物です。
a0057830_18135514.jpg
小さい時には、こんな様子です。上の写真のように大きくなったものを収穫してください。
a0057830_18203526.jpg
クローズアップしてみると、植物の全体が細かい毛に覆われているのがわかります。
掴んでみると、ベトベトしたような感じがあります。
洋服などにくっつくので、引っ付き虫と呼ばれることも。

クリバーズを見つけたら、早速、収穫しましょう。
根っこから引き抜いてもいいですし、根元をハサミで切ってもいいです。
何本もの茎がからまったり、他の雑草がこんがらがってくっついていることが多いですが、
まとめて収穫しましょう。

注意点がひとつ。
道端などに生息し、犬や猫のおしっこがかかっている可能性のあるものは避けてください。
国道など幹線道路沿いに生えているものを使わないでください。
a0057830_18195600.jpg
庭や畑から収穫したハーブは、一般的には水で濡らさないものが多いのですが、
クリバーズはたっぷりの水を張った洗面器などの中でよく洗いましょう。

植物の表面が細かい毛で覆われているので乾きやすいですし、
細かな汚れを落とす必要があります。
水洗いしながら、茶色くなった葉や根っこを取り除きます。

必要なのは緑の葉と茎。
もし、白い小さな花やまんまるのイガイガした種がついていたら、それも一緒に使いましょう。

あとは、キッチンペーパーなどで軽く拭いてから、
カゴなどに広げて乾燥させます。
直射日光は避けて、風通しのよい日陰で数日置くと、全体がパリパリしてきます。
湿気が残っていると、カビてしまうので十分乾燥させてください。
a0057830_18205088.jpg
乾燥したら、1,2cmに刻んで空き瓶などの密閉できる保存容器に詰め込みます。
のりなどの乾物についている乾燥剤を入れておくと、良い状態で長く保存することができます。

こちらの写真は昨年の春収穫したもの。
1年経っても、このくらいの緑色が残っていたら、まだ使うことができます。

収穫する量は、次の春までの1年間で使うくらい。
また春になったら、新しく収穫しましょう。
a0057830_18204355.jpg
このクリバーズはどんな風に使えるのか。

ちょうど冬から春に向かって季節が変わるこの時期のデトックスに向いています。
つまり、冬に落ちていた代謝をあげるために役立つ体質改善作用や、利尿作用を持っています。
リンパ腺の腫れを引くためにも使われてきました。
また、季節の変わり目に出てしまう皮膚の湿疹、かゆみを和らげてくれます。

気になる症状がなくても、フレッシュな香りと風味を楽しむために飲んでも結構です。
単品で飲むよりは、お手持ちのハーブに加えてブレンドすると美味しくいただけます。
ジャーマンカモミールやネトル、ミントなどとブレンドすると良いでしょう。








[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-22 18:53 | Herbal remedies

3/13(月)11:30-16 瀬留ボタニカルマーケットin 奄美大島


a0057830_21173476.jpg

冬の寒さが緩み、春のお庭の計画を立てていらっしゃる方も多のではないでしょうか。お庭に彩りを加えるハーブやベランダでも簡単に育てられるキッチンハーブの苗はいかがですか?


3/13(月)11:30〜16まで、瀬留ボタニカルマーケットにて、ハーブティーとハーブ苗の販売、ハーブバスソルト作りワークショップを開催します。


会場となるのは、和風茶屋こっち。店内に季節の花が配された落ち着いた空間と、丁寧に作られたお食事が美味しい古民家カフェです。当日は、自家製烏骨鶏卵をつかったシフォンケーキやチーズケーキなどとドリンクのテイクアウトができます。


そして、今回ご一緒させていただくSucculentholicさんとgarden gardenさんは多肉植物の専門家。ガーデニング雑貨の販売も楽しみです。


herbshavenは、裏を流れる川を眺められるテラスで、ハーブ苗の販売させていただきます。春のガーデニングプランにぜひ加えてください。今回は、お庭の彩りを添えてくれるマレインや、可愛らしいキャットニップ、香りのよいレモンユーカリなどなどを販売予定です。


また、ハーブバスソルト作りのワークショップは、随時開催です。選んでいただいたお好みのハーブと死海の塩をつかって、15分ほどで簡単に仕上げることができます。


皆さんのお越しをお待ちしています。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-14 21:28 | Work

奄美の酵素作り その1

ご近所の奥さん達が集まって酵素作りをするのでいらっしゃいと声をかけていただきました。
今回は、別に用事があったので、残念ながら準備段階を見学したのみ。

そもそも酵素作りがなんなのかをよくわかっていませんでしたが、
今回学んだのは、
山から採れる野草と海辺の野草を漬け込んで作るものということ、
野草の種類は数十種類、
作りは、まず10kgの摘みたての野草を準備するというとこまで。

今朝摘みたての野草を水洗いします。
山から引いた水でジャブジャブ洗えるので、こちらのお宅にみなさんが集まって作っているそうです。
a0057830_10231969.jpg
ヨモギやダイコンの葉、ハンダマなどのお馴染みの食材から、シロノセンダングサ(Bidens pills var. radiata)、ヤギがよく食べるというカラムシ(Boehmeria nippononivea)、ツルソバ(Persicaria chinensis)、オオバコ(Plantago asiatica)などの野草だけでなく、パパイヤ(青いものも、熟したものも)、今が旬のタンカンやその他の柑橘類も入れるそうです。
a0057830_10234384.jpg
旬のものがいいので、お庭で育つミカンも入れるそうです。
a0057830_10235584.jpg
ツルソバ(Persicaria chinensis)
a0057830_10234978.jpg
この日は、材料の説明を受けたところで、時間切れでした。
続きは次回。





[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-11 16:41 | Diet

寒い冬の過ごし方

今日は昨晩からの冷え込みが一層深まり、寒い北風にぎゅっと体を縮めています。
奄美大島でも昨夜から霰が降っています。

こんな日に奄美大島で駆け込みたいのは、大浜海浜公園にあるタラソセンター。
ミストサウナでじわじわ汗をかくととても気持ち良く、芯から温まります。
ついでに、死海の塩のスクラブと、海藻パックをすればお肌もすべすべに戻ります。

イギリスに住んでいた時に、寒い冬に通ったのは植物園の温室でした。
イギリスの冬は、通りの石畳の隙間から冷気が上がってくるのでとても底冷えします。
石造りの建物も寒い。

ところが、一歩温室に足を踏み込めば、
ミストサウナのようなムワッと暖かい空気に包まれます。
本を持ち込んで、何時間でも過ごすことができました。

お気に入りだったのは、エジンバラ王立植物園のビクトリア調の温室。
a0057830_21261350.jpg
それから、グラスゴー植物園の温室でした。
曲線に囲まれ、所々にビーナス像が配されていて優雅で美しい空間でした。
a0057830_10024428.jpg
そういえば、夏に訪ねたところですが、スウェーデンのローゼンダールガーデンのモダンな温室も好きです。
今頃、雪に閉ざされて、
どんなになっているんだろう。
a0057830_08431316.jpg
a0057830_22101392.jpg
来週まで寒さが続くようですね。
暖かくしてお過ごし下さい。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-10 10:00 | Body&Mind

連載:続・ハーブよもやまばなし 第4回 ハワイ「離島のハーバリスト」

a0057830_20153891.jpg
薬学生・薬剤師向けに発信されている情報誌MIL(ミル)に、「続・ハーブよもやまばなし」と題して、
ハーブ療法、伝統植物療法と呼ばれている分野の国内外の伝統文化や日常生活での関わり方、教育制度、法規制などを
比較、検証し、日本におけるハーブ療法の可能性について連載させていただいています。

MIL70号(2017年1月発行)の第4回「ハワイ;離島のハーバリスト」では、
ハワイ、カウアイ島にメディカルハーバリスト、Anusha Smithさんを訪ねてうかがった
離島(僻地)でのハーブ療法の実践について書きました。

Anushaさんは以前、カナダ、モントリオールで開業されていました。
モントリーオールのクリニックを訪問した時のレポートはMIL36号で紹介しています。

*70号の無料閲覧はこちら
*以前の連載「ハーブよもやまばなし」はこちらから
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-09 20:49

大勝桜祭り 報告

本日の大勝桜祭りは途中大雨に見舞われましたが、
賑やかに楽しく終わりました。
ご来店いただいた皆様ありがとうございました。

今回ご用意した2つのブレンドハーブティー、
カモミールやエルダーのフローラルな「WINTER」とミントやローズマリーが香る「GREEN」は、
ともにご好評いただきました。ありがとうございます。
これからも、少しずつですが奄美で育ったハーブを加えてブレンドハーブティーを作っていきたいと思います。
a0057830_20200194.jpg
一緒に出店させていただいたショップを一部になりますが、ご紹介させていただきます。
ほとんど自分のショッピングリストになりますが...

まずは目を引いたのが、こちらの植物キャンドルたち。
大豆からできたソイワックスに奄美で採取した植物が閉じ込められています。
手前から、ムラサキシキブ、ヒカンザクラ、カポックなどなど、とても色鮮やかでした。
a0057830_19104742.jpg
それから、以前から気になっているKOSHIRAERUさんの奄美の地図パズルと、藍染されたブローチ。
奄美で取れる木材を使って作られています。
a0057830_19104297.jpg
それから、Atelier Limaさんのアクセサリー。
大島紬の織りの工程ででる絹糸を使ってつくっているそうです。
a0057830_20192738.jpg
お食事どころも、HUBS CAFE、フィオーレ、雨の日パンなどなどお腹も心も満たされる1日でした。
a0057830_20195448.jpg
桜祭りは終わってしまいましたが、奄美のヒカンザクラお花見シーズンは続きます。
奄美がピンクに染まるこの時期を楽しんでください。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-05 20:55 | Work

ハーブティー:お花見ブレンド「WINTER」「GREEN」

明日は大勝桜祭り。
第1部(13から17時まで)のマルシェに出店いたします。
お花見のお供になるハーブティーのブレンドを2種をご用意しています。。

ひとつ目は、温まるブレンド「WINTER」。
お花見は、まだ寒さが残る中そぞろ歩くことになるので、ポカポカ温まるものがオススメです。
前回のクリスマス前のマルシェでも販売しました「WINTER」ブレンドは、
ジャーマンカモミールをベースにベリーとリコリスの甘味が加わった飲みやすいブレンドです。
a0057830_18081977.jpg
ジャーマンカモミール:定番ですが、体をボカボカ温めて、リラックスするにはオススメです。甘い香りも人気です。
エキナセア:冬には、寒さに負けない体作りに欠かせません。
セージ:うがいにも使われる喉に優しいハーブです。
エルダーフラワー&ベリー:体を温め、喉や鼻の粘膜を守ってくれます。
リコリス:喉の調子がおかしいかなと思ったら、ヨーロッパではリコリスキャンディーが食べられます。ハーブティーに甘味を加えてくれます。
ローズヒップ:ビタミンCを含んでいて、まろやかな酸味が特徴的です。


ふたつ目は、お花見のおやつのお供に「GREEN」ブレンド。
やっぱり花より団子という方に、洋菓子だけでなく、和菓子にもよく合います。
お食事にも合うようにさっぱりした風味に仕上げました。
はじめはネトルの日本茶のようなグリーンな味わいが強く、徐々にローズマリーやミントの風味が加わってきます。
a0057830_17553729.jpg
ネトル:ビタミンやミネラルをたくさん含んでいて、滋養強壮を促してくれます。
ローズマリー:スッキリとした風味で気分をシャキッとさせてくれます。
ペパーミント:食後にぴったりなおなじみのすっきりハーブです。
リンデン:ほのかな甘い花の香りで癒してくれます。
レモングラス:さっぱりとしたレモンの風味が香ります。

カップ入りのホットハーブティー(1杯300円)と、パッケージ入りのお持ち帰り用(30g800円)をご用意しています。
カップ入りは前回と同様、1カップに約4gのたっぷりハーブが入っています。
2杯目を楽しみたい方には、おかわりのさし湯をしますので、リクエストしてください。

パッケージ入りのハーブティーは、ティーポットや急須、蓋のついたティーカップなどで、
熱湯を注いて紅茶などと同じように入れて召し上がってください。

桜が咲きそろってきていて、明日が楽しみです。
皆様、ぜひお立ち寄りください。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-02-04 20:55 | Herbal remedies