<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

12/17 ヴィラゆりむん(奄美大島)のノエルイベントのお知らせ

a0057830_20333518.jpg


奄美大島でのハーブ教室&ミニ・クリスマスマーケットのご案内です。

普段は宿泊でしか体験できないヴィラゆりむんの美味しいお食事を楽しめるイングリッシュ・ノエル・カフェが一日限定でオープン。メインはクランペット!herbs’havenのノエル・ハーブティーも合わせてどうぞ!

herbs’havenのハーブ教室は、カフェオープン前の11-12時。ミニ・マーケットは11-15時まで。クリスマスプレゼントにおススメのハーブティー、ハーブサシェ、書籍、ノエル・スパイスセットなどをご用意しています。
ぜひ、お立ち寄りください!



[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-11-25 20:33 | Work

連載:aromatopia「するぶ植物雑話:第2回 種下ろしとシマの秋」


アロマセラピーと植物療法の専門雑誌・aromatopia(2017/11/25発行 145号) 連載「するぶ植物雑話」。

「するぶ」とは、私が住んでいる集落(奄美大島)の古い呼び名です。するぶでの暮らしで体験している年中行事や季節の風景を追いながら、亜熱帯気候で育まれた独特の風土について綴っています。

豊かな自然に恵まれ、薬草の宝庫といわれる奄美大島から、身近にある植物を日々の暮らしの中にどのようにいかしてきたのか、集落の先輩にお話を聞き、消えつつある植物を使った知恵や記憶を描きとめる形式でお伝えしています。

第2回は、個人的に毎年とても楽しみにしている「種下ろし」という秋祭りについてお届けしています。



[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-11-25 20:23 | Work

12/10 日本ハーブ療法研究会 第5回学術集会のお知らせ

a0057830_10051174.jpg
日本ハーブ療法研究会 Japanese Society of Phytotherapy 主催の第5回学術集会が開催されます。大会テーマは「植物療法における精油」。

アロマセラピーでも利用される精油ですが、植物療法の中では使い方が違います。英国ハーブ療法では、マッサージオイルに比べると外用剤では精油をかなり高濃度に使用することがあります。マッサージオイルが全身へ塗布されるのに比べて、リニメント剤、軟膏などの外用剤では局所に用いるためです。また、香りによるリラクゼーションというよりは含有成分による効能を期待して添加しています。

ただ実際、ハーバリストの多くが、併用するボディーワークとしてアロマセラピーを学んでいるため、アロマセラピー(オイルマッサージ)と植物療法が併用されることが多々あります。私自身は、ハーブ療法アロマセラピーで精油の使い分けをしていますが、最新の研究や臨床の場ではどのように活用されているのか、興味が募ります。アロマセラピストの方も、ハーブ療法を学んでいる方にも興味があるところではないでしょうか。

この度の大会長は、林真一郎氏。大学の先輩でもある林氏に、先日、植物療法との出会いから今までの活動についてインタビューさせていただき、雑誌「MIL(ミル)73号」(2017/10/20発行)に掲載しています。こちらも合わせてどうぞ。

2017年12月10日(日)9:30~17:00
場 所  千葉県船橋市三山2-2-1
     東邦大学薬学部(習志野キャンパス) C館C101講堂
*詳細はこちら
*お申し込みは12/5まで。定員に達した場合は締め切りになるそうですので、お早めにどうぞ。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-11-15 10:27 | Herbal Medicine

12/9 ワークショップ「フィンランドのハーブ療法」フィンランド在住ハーバリスト ヘンリエッタさんを訪ねたハーブ紀行

a0057830_20011142.jpg
フィンランド在住のハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんの著書「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)の日本語訳出版を記念して、訳者である石丸沙織がフィンランドのハーブ療法を紹介するセミナーを開催します。

この本は、ヘンリエッタさんが実践してきたハーブ療法を元に活用できる製剤のレシピ、使い方のヒントが詰まった1冊です。ハーブの写真が豊富で、ハーブ初心者の方から楽しめます。また、ご自身で栽培、収穫したハーブを利用したい方や、ハーブ製剤の応用を身に付けたい方に向いています。
★当日、書籍の販売もいたします。

セミナーでは、身近なハーブの意外な活用方法やおすすめのハーブ製剤レシピを紹介しつつ、ヘンリエッタさんを訪ねたフィンランド旅行の様子や、日本ではあまり知られていないヘンリエッタさんの魅力や活動を合わせてお伝えします。実習で「フィンランド香る軟膏」作りを行います。材料はフィンランドからヘンリエッタさんが準備してくれることになりました。日本ではなかなか体験できない貴重な機会です。お見逃しなく!

日時;2017年12月9日(土)14時~17時
場所:こたつむりdesign(東京都杉並区松庵3−37−21;最寄駅 JR西荻窪駅)
定員;15名参加費;5,000円
講座内容
①フィンランドのハーブ療法の実際(現地取材情報含)
②ヘンリエッタさんのレシピで作る北欧伝統軟膏作り
③症例に応じたチンキ、軟膏、ドライハーブの使用例

◆お申込みは、E-mail:info@kota2muri.comまで。

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-11-01 20:02 | Work

12/9 ワークショップ「フィンランドのハーブ療法」フィンランド在住ハーバリスト ヘンリエッタさんを訪ねたハーブ紀行

フィンランド在住のハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんの著書「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)の日本語訳出版を記念して、訳者である石丸沙織がフィンランドのハーブ療法を紹介するセミナーを開催します。この本は、ヘンリエッタさんが実践してきたハーブ療法を元に活用できる製剤のレシピ、使い方のヒントが詰まった1冊です。ハーブの写真が豊富で、ハーブ初心者の方から楽しめます。また、ご自身で栽培、収穫したハーブを利用したい方や、ハーブ製剤の応用を身に付けたい方に向いています。★当日、書籍の販売もいたします。セミナーでは、身近なハーブの意外な活用方法やおすすめのハーブ製剤レシピを紹介しつつ、ヘンリエッタさんを訪ねたフィンランド旅行の様子や、日本ではあまり知られていないヘンリエッタさんの魅力や活動を合わせてお伝えします。実習でフィンランド香る軟膏作りを行います。材料はフィンランドからヘンリエッタさんが準備してくれることになりました。日本ではなかなか体験できない貴重な機会です。お見逃しなく!日時;2017年12月9日(土)14時~17時場所:こたつむりdesign(東京都杉並区松庵3−37−21;最寄駅 JR西荻窪駅)定員;15名参加費;5,000円講座内容①フィンランドのハーブ療法の実際(現地取材情報含)②ヘンリエッタさんのレシピで作る北欧伝統軟膏作り③症例に応じたチンキ、軟膏、ドライハーブの使用例◆お申込みは、E-mail:info@kota2muri.comまで。
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-11-01 19:59 | Work