タグ:aromatherapy ( 12 ) タグの人気記事

book:「ハーブハンドブック」&「精油・植物油ハンドブック」

2010年12月にハーブと精油に関する書籍が2冊同時に発売されました。翻訳は、ご自身もガーデニングをされたり、ハーブ療法やアロマセラピーに精通していらっしゃる翻訳家・椎名佳代さんによるものです。
「ハーブは105種、精油・植物油は100種を収載、日本では馴染みのないハーブや精油もあり、使いかた、背景、栽培のしかた(ハーブ)などの情報がきれいな写真とともに載っています。」(椎名さんのブログより)

a0057830_9342916.jpg「ハードハンドブック - 健康と癒しのハーブ105種」
東京堂出版
レスリー・ブレムネス(著)
林 真一郎(監修)
椎名佳代(翻訳)

a0057830_9344768.jpg「精油・植物油ハンドブック - 健康と癒しのアロマ・オイル100種」
東京堂出版
ジェニー・ハーディング(著)
林 真一郎(監修)
椎名佳代(翻訳)


私は未だ読む機会に恵まれていませんが、日本に帰国した際にはぜひ手に取ってみたい書籍です。特にハーブの原書はレスリー・ブレムネスによるもの。15年程前、翻訳本はまだ発売されていなくて彼女の書いた「 Herbs(邦題:ハーブ事典ーハーブを知り尽くすA to Z)」を頑張って英語で読んでいました。わかりやすい写真やガーデニングテクニック、日常生活でのハーブの活用法など実用的な情報が満載でした。この新刊を読むのも楽しみです。
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-02-10 08:45 | Books

学生時代のアロマセラピー研究!?

a0057830_854915.jpg
15年程前、薬学部の学生だった頃に、アロマセラピーなどの植物療法でいわれているシナジー効果に関する簡単な実験を行いました。そのときのことをまとめた冊子が出てきて懐かしく眺めました。

今は懐かしいわら半紙に印刷された冊子には、ペーパークロマトグラフィーを使用して精油の単体とブレンドでどのように成分が変化したかを比較しています。学生の実験なので、今から読み返すと突っ込みどころが満載ですが、なかなかの考察と自画自賛してみたり。引用の出典がないところは目をつぶりたいと思います。薬学生の視点でこのテーマに着目した先輩方もすばらしい。

このときのメンバーで同じく植物療法に従事している同級生がいます。もう10年以上も薬局の薬剤師として医薬品の調剤や販売をしながら、アロマセラピーやハーブの知識を深めて店頭での販売をしています。その友人が勤務している西新井にあるみみずく薬局は、薬剤師に相談してハーブや精油を購入できるのでおすすめです。
機会があったらぜひ足を運んでみてください!
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-05-05 10:14 | Herbal Medicine

1/30workshop薬剤師対象「ファーマシューティカルアロマセラピー・実習編」

グリーンフラスコで行われている薬剤師向けセミナーシリーズ「ファーマシューティカルアロマセラピーセミナ=・実習編」で、アロマセラピーマッサージの基本とハンドマッサージ実習を体験するクラスを担当します。

このセミナーは3回に渡る理論編に続くものです。理論編では、薬剤師の業務という視点に立って
①精油の品質管理
②ガレノス製剤
③薬物相互作用
を重視した内容でした。こちらのセミナーでも、精油の香りを嗅いでみたりということをしましたが、さらにアロマセラピーマッサージで行われるタッチの心地よさ、香りを使ったコミュニケーションツールとして応用していただくヒントなどもご紹介できたらと思っています。このセミナーでは、薬剤師としてではなく、アロマセラピストという立場でアロマセラピーの楽しさをお伝えできればと思っています。
a0057830_1942457.jpgプログラムの詳細ですが、
○5種の精油について
○マッサージオイルの使い方
○アロマセラピーマッサージの基本
○ハンドマッサージ実習

日時:2010年1月30日(土)19〜21時 終了しました
場所:グリーンフラスコ・バロンホール(東京・自由が丘;自由が丘駅南口から徒歩5分)
対象:薬剤師有資格者
参加費:3,150円(税込み)
お問い合わせ・お申し込みはグリーンフラスコまで。
*詳細はこちら

*最近はメディカルハーバリストとしての仕事が多くなっていますが、実はアロマセラピストなんです。イギリスにいたとき(メディカルハーバリストになる前)には、もっぱらアロマセラピーの施術をしていました。高齢者施設やチャリティーイベントでのハンドマッサージや、東邦大学看護専門学校・薬学部などの正規授業でもマッサージのクラスを担当したこともあります。

香りにつつまれ、ハンドマッサージを体験するあっという間の2時間のクラスになると思います。ハンドマッサージは初めてという方も参加できますので、興味のある薬剤師さんはぜひご参加ください。もちろん、男性にも参加していただけます。
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-12-21 13:58 | Work

seminer:薬学生のためのアロマセラピーレッスン

国際薬学生連盟の交換留学プログラムで、リトアニアから日本へ来ているVilteさんと日本の薬学部の学生さんからの依頼で「薬学生のためのアロマセラピーレッスン」を開きました。

Vilteさんは叔母さまも薬剤師でご自分の薬局でホメオパシーを実践されていることから、自然療法に興味を持ったそうです。リトアニアでは伝統医療としてハーブ療法があり、主にハーブティーとして飲まれているとか。日本の学生さんは私の母校・東邦大学と武蔵野大学からの参加で、実習でハンドマッサージを行ったことがあるそうです。その時気持ちよかったいい香りについてもっと学びたいということで、下記のようなプランを考えてみました。

・「アロマセラピー」とは? :みんなのイメージと実際に活用できる症状や病気、そのケアの可能性について考えました。
・精油の活用の仕方(芳香浴、マッサージ、全身浴/部分浴、スプレー;取り扱い上の注意):精油を回して香りを試してもらいながら、こころと体に精油が作用していることを実感してもらいました。
・医療におけるアロマセラピーの活用:QOLの向上に役立てていることを臨床研究「パーキンソン病患者に対するアロマセラピーに有効性の検討」を例に挙げて見ていきました。
a0057830_22112263.jpg
このセミナーは将来医薬品の専門科になる薬学生さんに治療の選択肢としてアロマセラピーを知ってもらえたらと思いながら進めました。薬の得意分野とアロマセラピーを含む自然療法のいいところを上手く提案できる柔軟性のある薬剤師さんに育ってくれたらいいな。

ちなみにこのセミナーは全て英語で行ったため、私にもいい経験になりました。自然と英語では、分かりやすい表現や単語を選んで説明していて、日本語ではすっかり気にかけずに専門用語ばかりで話していたなと反省。

この日の参考文献は、「Aromatherapy for Health Professionals 2nd ed.」Shirley Price, Len Price著。オリジナルは約10年前に出版されていてやや古いですが、ケーススタディがたくさん載っているので参考になります。
a0057830_22125165.jpg

今日一緒に勉強した学生さんと
*インタビューの様子はこちら
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-08-17 19:57 | Work

アロマプラス

漢方の勉強に行っている額田医学生物学研究所付属病院でアロマセラピーを担当している金さんのサロンに行ってきました。

飯田橋にあるアロマプラスです。いつもアロマセラピーを受けに行くと途中からこのストロークはどうやっているんだろうといらぬ想像を膨らましてリラックスしきれませんが、今回は体をまかせて心行くまでリラックスしました。途中あまりにひどいリンパの詰まりがあるまでは本当に夢見心地。ちょっと痛かったけれど御陰で翌日はすっきりでした。もっとストレッチなどをしっかりしようと反省。

金さんは高野山浄化ワークショップにも参加されています。この夏も7月11日から13日まで開かれるそうです。夏の高野山で日常を離れて心身ともに浄化して、もっと生活にメリハリがつくようになったらいいな。
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-05-30 10:14 | Body&Mind

Lecture: 看護学校での講義

先日東邦大学佐倉看護学校にて、アロマセラピーについてお話する機会をいただきました。

こちらの看護学校では、昨年のマグノリア祭(学園祭)で「和み」をテーマに掲げて来校された方に足浴をしたりもしたと聞き、精油を使ったりしたのかなと学生さんにお会いするのも楽しみでした。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-02-24 18:27 | Work

Book:「アロマセラピーで痛みとかゆみは治せる」

「アロマセラピーで痛みとかゆみは治せる」
川端一永、田水智子、吉井友季子(著)
マキノ出版

この本で紹介されている精油の使用方法は、日本アロマセラピー学会が主催になってすすめているメディカルアロマセラピーをいわれている分野です。英国ハーブ療法においてメディカルハーバリストが精油を処方する方法とほぼ同じです。この本の内容と共にハーブ療法といわゆるアロマセラピーの違いを紹介したいと思います。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-01-29 13:42 | Books

Training: 老人ホームでのフットマッサージ

高齢者向けの施設との交流に、マッサージのボランティアしようという話が、スコットランド日本人会で持ち上がりました。とはいえ、私は経験がないので、日本に帰国した際に、老人ホームで1日ケアの様子の見学し、高齢者と接する上での注意点を教えていただきました。

私が伺ったホームでは、フットバス(足浴)とフットマッサージを冷えが強かったり、そのために便秘がちになっている方、動くことが少なくむくみがちな方を中心にリラックスを兼ねて行っていました。また体調によっては、散歩に行ったり、入浴する代わりに身体介護の一環として行うそうです。その様子を報告します。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2006-10-12 15:37 | Body&Mind

Report: クリスマスチャリティーの報告

2005年11、12月を通して協力していただいたクリスマスチャリティーの総額は32ポンド(約6400円)でした。責任を持ってUNICEFに送らせていただきました。

ありがとうございました。
[PR]
by saori_ishimaru | 2006-01-26 17:29 | Work

Discussion: アロマセラピーのコンセプトとは

先日、「アロマセラピーはハーブ医学の一部なんですか」という質問を頂きました。私は「精油はハーブレメディーなのでハーブ医学でも使いますが、アロマテラピーとハーブ医学は別のものです。」と答えましたが、「アロマセラピー」をどう取るかによって答えは違ってくると思います。(無理に定義する必要がある事とも思いませんが、皆さんはどうお考えですか)

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2005-12-09 04:54 | Herbal Medicine