タグ:bach ( 5 ) タグの人気記事

10/3「バッチフラワーレメディと現代社会」

先週末の清里・植物療法セミナーでご一緒させていただいた林サオダさんのお話が聞けるバッチフラワーシンポジウムのご案内です。

a0057830_620482.jpg
「バッチフラワーレメディと現代社会」
日時:2010年10月3日(日)10:30〜16:00
会場:青山学院大学総研ビル12F
参加費:4,500円
*プログラムの詳細はこちら

講演には、サオダさんの他にも、東京女子医大付属自然医療研究所クリニック所長の川島朗先生、医師と臨床心理士というバックグランドをもつバッチ財団登録プラクティショナーの方2名が参加されます。

サオダさんの演題は「今また問うバッチフラワーレメディーとは?」。私はバッチ国際プログラムのレベル2まで受講して少しかじりましたが、使っているからでてくる疑問やバッチ博士のどういう思いが形になったのかを感じる瞬間があり、地に足をつけて始まりに戻る感じのこのタイトルがとっても気になります。

そして、このシンポジウムでは、バッチ財団登録プラクティショナーであり、ミュージシャンでもあるウスダ ミホさんの歌声を聞くこともます。音楽も植物のエネルギーと同じで心と体に響きます。いいコラボレーションだなと思います。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-09-09 09:09 | Holistic Meidicine

バッチフラワーレメディの勉強会

a0057830_9215710.jpg横浜港北区・都築区で地域医療に携わっている医師、代替療法家が、ホリスティック医療を推進を目指してネットワークを作り活動しています。このホリスティック医療研究会の定例の勉強会がありました。今回のテーマは「バッチフラワーレメディ」。

(写真の植物はアグリモニー。ハーブとしてはその収れん作用を利用して腸の調子を整えるのによく使います。バッチでのキーワードは「うわべは快活、内心は悩みでいっぱい」)

バッチフラワーレメディが勉強会のテーマに挙がるのは2回目ということもあり、今回は簡単にバッチフラワーレメディーについてお話があった後、症例検証と医療現場への導入についての課題をテーマにお話が進みました。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-06-21 09:32 | Holistic Meidicine

book:「Heal Thyself」

a0057830_19593061.jpg
「Heal Thyself」
Dr Edward Bach著
THE C.W.DANIEL COMPANY LIMITED出版

先日の社内勉強会で講師をした澤木さんがすすめてくれた一冊。日本語訳は「バッチ博士の遺産」というタイトルで購入することができます。
日本語で書かれているとちょっとわかりにくいニュアンスも、バッチ博士が書かれた原文だとしっくりくる。きっと深く読み込んでいくときには役に立つ一冊に違いない。

聖書もそうだが、ときどき表現が仰々しかったり、説明的でわかりにくい翻訳本にあたったときには思い切って英語で読んでみるのも一案。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-02-27 22:07 | Holistic Meidicine

バッチ国際教育プログラムレベル2修了

先週末にバッチ国際教育プログラムのレベル2を修了しました。レベル1を受けたのは2001年のことで、自分流で使うレメディが偏っていたり、キーワードを当てはめて使うことしかできなかったので、ブラッシュアップを兼ねて参加しました。

カードなどを使って直感でレメディを選ぶのも一つの方法ですが、この国際教育プログラムでは、自分を見つめ直し、言葉の奥に隠れた感情を拾いながらレメディを選ぶという方法を教えています。その取り組む姿勢、目指すところはハーブ療法と共通しています。講師のセツコさんによると、バッチ博士は自分をハーバリストと呼んで植物による癒しを研究していたそうです。自分を見つめ直すきっかけにもなりました。

今月はバッチづくし。
昨日はグリーンフラスコでやっている薬剤師部会の勉強会があり、やはりバッチのフラワーレメディがテーマでした。左脳人間が多い薬剤師さんでは、やはりエビデンスが気になるところ。また、商品としての組成や取り扱い分類が話題に挙りました。講師の土田先生は、そういった理論を超えて魂に響く植物の癒しを受け取って欲しいというのがバッチ博士のメッセージだったとまとめてくださいました。

今週はバッチの社内勉強会も控えています。感情を表す表現のバリエーションに合わせてレメディーを選ぶという事前課題もあります。楽しみです。

a0057830_1713487.jpg【まだまだ続く初心者におすすめのバッチフラワーレメディセミナーinグリーンフラスコ】
*2月21日(日)林サオダゼミ「バッチ博士の哲学」
*3月20日(土)グリーンフラスコ自由が丘店でのバッチフラワーレメディー初級・初めの一歩が予定されてます。
*3月27日(土)、28日(日)バッチの国際教育プログラムレベル1開催!

(38種のレメディのひとつ、バーベイン。ハーブとしてもよく使われます。)
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-02-15 10:37 | Body&Mind

2/14薬剤師向けバッチ勉強会

a0057830_153422100.jpg2010年2月14日(日)に薬剤師というバックグランドを持った方を対象にした「バッチフラワーレメディ」の勉強会が開かれます。講師はバッチフラワーレメディープラクティショナーでもある薬剤師の方です。

この勉強会はグリーンフラスコの薬剤師部会第4回会合で開かれるものです。薬剤師部会の登録会員は200名を超え、勉強会の他、セミナーや懇親会なども行っています。私はこの企画に関わらせていただいています。

この薬剤師部会では、植物療法を広く捉えメディカルハーブ、精油(アロマセラピー)、バッチフラワーレメディを3本柱に掲げ、知識の習得とその応用・活用を目指しています。

その勉強会も今回で4回目。今回のテーマは「バッチフラワーレメディー」です。心や感情に働きかけ、セルフケアで活用できるバッチフラワーの可能性についてお話していただきます。バッチフラワーレメディー初心者の方にもわかりやすいようにバッチフラワーの基本についてもお話しいただきますので、安心してご参加ください。
勉強会終了後は講師も交えての交流会を予定していますので、情報交換の場としてご活用ください。

日時:2010年2月14日(日) 14:00~16:00
会場:バロンホール(自由が丘駅南口/グリーンフラスコ自由が丘店より徒歩5分)
参加費: 3,150円(税込)
*詳細はこちら
問い合わせ・お申し込み先:グリーンフラスコ研究所
tel:03-5483-7400/email:medipro@greenflask.com

講師・土田英美さんのプロフィールはこちら
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-02-14 14:57 | Work