タグ:communication ( 28 ) タグの人気記事

緑の英和辞典

a0057830_22124292.jpg翻訳家の椎名佳代さんが、「緑の英和辞典」を作ってくださいました。ハーブに関連する英単語を集めた英和辞典です。

下記のような見出しがあって、アルファベット順に並んでいますので、使い勝手もよいです。
疾患・症状
作用
製剤
解剖・生理
科名
栽培

ハーブ関連の書籍は洋書が多いですが、読んでみてわからない単語がでてきたらぜひ役立てて欲しいです。

*緑の英和辞典のリンクはこちら

*椎名さんの翻訳本には「ハーブハンドブック」&「精油・植物油ハンドブック」などがあります。
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-06-01 21:45 | Herbal Medicine

botanical garden in UK:エジンバラ王立植物園

ここ数日、日本各地で雪が降ったと聞き思い出したのが、英国で暮らしていた時に寒さをしのぎに頻繁に通っていた植物園の温室。
エジンバラの中心部からバスで20分程のところにあるエジンバラ王立植物園Royal Botanical Garden Edinburgh(英語サイトのみ)。規模は大分違いますが、ロンドンのキューガーデンと同じく、研究施設や植物関連の書籍を集めた図書館が併設されています。標本のコレクションも膨大(さすがかつての大英帝国!)で、一般公開の時には欠かさず参加していました。*こちらの園内の地図で雰囲気を味わってください。
a0057830_107850.jpg
こちらがメインの温室(ビクトリア朝のラインの美しい温室)。暖かいだけでなく、もわっとした湿気がうれしい。一気に南国・熱帯のジャングルを探検している気分になります。ゆっくり本を読んで過ごすのもよいし、ガイドツワーに参加するのもよし。何時間いても飽きませんでした。
a0057830_1074468.jpg

温室で開かれるイベントには、子ども向けのお話会もありました。お話ししているのは私のお茶の先生だった未緒さん。お琴やケルティックハープを弾かれるので、音楽を合わせて子どもたちを引き込んでいました。この時は、FarEastの国々から「平和」のメッセージを届けるというイヴェントの一環でした。お話は日本の昔話からで、お茶がつないだ友情のお話と幸せを運ぶふくろうのお話。

ハーバリストの中にも、自然への愛しむを伝えるためにハーブが出てくるお話を子供たちにしている人たちがいます。そんな風に自然との共存や不思議を子供たちに伝えていきたいと思っています。
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-02-13 08:15 | Botanical gardens

book:「外国人診療ガイド」

a0057830_1044226.jpg「外国人診療ガイド」
西村明夫著
メディカルビュー社

横浜を拠点に活動しているMICかながわ(特定非営利活動法人・多言語社会リソースかながわ)にて、医療通訳の勉強を1年ぶりに再開しました。
*医療通訳についてはこちらを参考にしてください。

今回は中級クラスということで、一歩踏み込んだ内容になっています。患者さんと医療従事者の意思疎通を助けるだけでなく、検査の注意事項や検査結果の説明、入院・手術の説明を行うにあたってのポイントをロールプレイを通して学びます。

また、ことばや文化的なバックグラウンドの違いに対する意識をさらに深めるということに、各国の医療システムや医療行為、医師との距離感などの違いも知っていくことが目標となっています。そのテキストとなるのが本書です。例えば、日本では出産時に自然分娩をもとめる声が多くなっていますが、帝王切開を望むお国柄もありますし、妊娠中の体重の増加についての考え方や出産後の過ごし方も随分違いがあるようです。

講師のアビイさんは、ご自身でも英語-日本語の医療通訳者として活躍されていて、ご自身が経験された文化による捉え方の違いや英語のアクセントや言葉の使い方などもお話ししてくれ、ただ医療英語を勉強するのに比べると多角的な視点が盛り込まれています。

まだ、なかなか実践する場はまだありませんが、一緒のクラスには町田市で実際に医療通訳者として活躍されている方もいて、ニーズの高まりに答える行政の動きも活発になってきました。

さて、この本。医療通訳に興味はなくても、外国人患者さんが多い医療機関にお勤めの方や、異文化での医療システムなどに興味をお持ちの方にはおすすめです。英語、中国語、韓国語など馴染みのある言語だけでなくポルトガル語、タガログ語などでの医療受診に役立つ書類を手に入れる方法や関連した情報源のリストなども豊富です。

私の勤務している薬局には中国系の患者さんが多いです。昨日はインド人の方が見えていました。どなたも日本語は上手な場合が多いですが、お薬の説明を聞くために日本人のご友人と一緒に来局される方もいます。国際化が進む中で、医療現場でのスムーズなやり取りを進めるために有用な1冊です。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-04-24 09:03 | Books

date base:TackPad

言葉や文化の違う日本で、外国の方が医療機関を受診するときには、習慣や考え方の違い、言葉の壁による困難に遭遇することがあります。どう伝えていいかわからないというだけでなく、言葉や態度、サービスによるちょっとした行き違いから、不安をいだくことになったりすることも多いそうです。
a0057830_14275080.jpg

そんな弊害を少しでもなくし外国の方も安心して受診できるようにと、TackPadでは、受診に際して必要になる単語や会話を登録するデーターベースを提供しています(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語・タイ語が対象です)。

このシステムの特徴としては、メンバー登録している人たちで作り上げ、みんなで共有していくこと。

登録は無料です。ログインした状態で例文を作ったり、訳したりということに参加できます。メンバー登録しなくても1日10項目までは検索ができます。(「文例を探す」タブへ進んでください。)

英語や漢字でなんとか伝えられる中国語ならどうにかなるかもしれないけれど、それ以外の言葉はどうにもならないことが多い。薬局の店頭で、外国語しか話さない患者さんに質問されることも時々あります。

健康とは「身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」(1999年WHO「健康」の定義より)。だから、外国の方でも社会的な位置づけにおいて平等で、医療における弱者にならないためにこのようなシステムが必要なんです。

興味のある方はぜひ覗いてみてください!
*医療通訳などについてはこちらでも紹介しています。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-04-09 14:45

2/18チャリティーイベント「Rights for Lights」

a0057830_15331155.jpg本日のJ-wave LOHAS SUNDAYでも紹介されたチャリティーイベント『Lights for Rights~こころを照らす光~難民から学ぶ 世界のお茶と私の暮らし』のお知らせです。

日時:2010年2月18日(木)19:00-20:30
場所:グリーンフラスコ・バロンホール(自由が丘駅より徒歩5分)
参加費:1,500円(当日お支払いください)
*詳細はこちら

日本で難民として暮らす方の文化を知ることで、難民の方のおかれている状況に関心をもってもらうきっかけになればという思いを込めて企画されました。文化を知るキーワードに「ハーブティー」を取り上げ、今回はイラン出身の難民の方にお茶のお話を聞き、実際のセレモニーを見せてもらいます。実際にお茶の試飲もできえる貴重な機会ですので、ぜひお誘い合わせの上ご参加ください!
今回お願いする難民の方は既に日本語も流暢ということで、イベントは日本語で勧められます。

こちらのトークイベントは、難民支援協会と勤め先のグリーンフラスコが共催になって行います。*参加費1500円はすべて難民支援協会に寄付致します。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-02-18 10:47 | Body&Mind

12/24event「きこえる・シンポジウム」in代官山

a0057830_1642235.jpgHARCO & Quinka,with a Yawn presents きこえる・シンポジウム 2009 冬 in 東京

ブロガーとして参加しているひだまりブログ・おひさまスタイルで、おなじみのHARCOとQuinka,with a Yawnがクリスマスイヴおくるライブが代官山cholonであります。「音楽」と「エコ」をキーワードにしたイベントです。

こちらのイベントにひだまりブログのブロガーの皆さんのおすすめの品を集めたSHOPが登場します。私もこちらに冬におすすめのハーブティーを出品します。オーガニック&バイオダイナミック農法で育ったハーブを使ったこころとからだをあたためるブレンドティーを出品します。

他にも、
栗乃まろんさん:ホメオパシー紹介冊子、
鈴木万由香(守乃ブナ)さん:和菓子のような手づくり石けん、
高橋麗奈さん:絹の腰腹巻きほか、
西島尚美さん:イラストポストカード、
山上晶子さん:手づくり布ナプキン、
山本沙夜さん:パワーストーン・ブレスレットと女神オーラ・スプレー(アロマ・スプレー)、
おひさまスタイルセレクトショップKARAHEのオーガニックコットンのドイリーKITなど
を販売予定です。*なお、商品が変更されることありますのでご了承ください。
ぜひ、いらしてください!


DATE 2009/12/24(木)
VENUE @代官山cholon 渋谷区恵比寿西1-31-12 FLEG代官山1F

LIVE
HARQUA、HARCO、Quinka,with a Yawn
TALK GUEST
作家 廣瀬裕子
エディター 山村光春(BOOKLUCK)
SHOP
おひさまスタイルSHOP

OPEN 18:30 / START 19:00 
前売り3,000円 / 当日 3,500円(1ドリンク込)
※ 「マイカップ」持参の方にドリンク代100円をキャッシュバックいたします。

チケット販売
cholonにてメール&電話予約(11:00-19:00)受付中。
TEL: 011-210-0787(札幌)  03-5456-4465(代官山)  
メール:cholonホームページ 内お申し込みフォームから。
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-12-24 13:09 | Work

12/20talk event:「東アフリカから届けられたクリスマスの香り」

先日の心理占星術研究家の岡本翔子さんのセミナーで、クリスマス物語についての面白い話を聞きました。3人の東方の博士(賢者)と言われているのは、占星術師(占星術の知識を併せもった方)だったらしいのです。キリストが誕生した時の星の配置が特別なものでありそれを読み取とれた彼らが、星を頼りに旅を続け、馬小屋で生まれたキリストと対面することになるのです。
a0057830_11363439.jpg

その時の贈り物がフランキンセンス・ミルラ・黄金です。この贈り物から考えると、この3博士はハーブ(植物療法)や錬金術も身につけた方々だったのかもしれません。

今度の日曜日(12月20日)には、この3つの贈り物のうちフランキンセンスとミルラについてのトークイベントが自由が丘で行われます。「東アフリカから届けられたクリスマスの香り」と題して、精油として私たちにも身近になった二つの香りのお話が聞けます!
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-12-16 11:33 | Body&Mind

9/20 トークイベント「植物の世界を知ろう!古代ケルトと癒しの植物」

私のイギリスのハーブ医学校での恩師、ベン・エドワーズ氏が来日されます。そしてハーブのことを多くの人に知ってもらおうと大人にも子どもにも楽しめるお話会を開くことになりました。ベン先生は本業のハーバリストの傍ら、イギリスの子どもたちに神話や民話、ハーブにまつわるお話を伝えるストーリーテラー(お話の語り手)としても活躍されています。お話に歌に楽しいひとときをどうぞ。*詳しくはSongStory (英語のみ)<実際に歌声はこちらから>

多くの英国メディカルハーバリストは、ハーブのことを知ってもらおうといろいろな活動をしていました。セミナー、ワークショップだけでなく、ベンさんのようにストーリーテラーとして子どもに大人にメッセージを送っている方、植物園や公園などでハーブの案内をするハーブウォークを行う方、以前紹介したエレノアさんのように環境保全活動などの啓蒙を行っている方、地域社会でボランティアとして保健教育に当たる方などなど。私もハーブ療法をツールに活動をひろげていきたいです。
a0057830_818237.jpg
そして、今年のトークイベントは...

植物の世界を知ろう!古代ケルトと癒しの植物
「Teachers from Plant World -- celtic connections with Healing Plants」

今回はベンさんが演奏する音楽を交えながらケルトの癒しの植物についてのお話しをライブ感たっぷり、五感で一緒に楽しみましょう。お話しはシンプルな英語でこどもでも楽しめます。

日時:2009年9月20日(日)14:30〜16:00
参加費:おとな¥2000 こども(小学生以下)¥1000 (当日支払い)
    予約制・定員25名
場所:ソフィアホール
   東京都世田谷区奥沢5-41-12 ソフィアビル3F
   (1Fグリーンフラスコ自由ヶ丘店)
予約:グリーンフラスコ 自由ヶ丘店
   TEL: 03-5483-7565 

*9/19(土)にはベン先生による英国ハーブ医学ゼミナールも同時開催!

*イベント報告はこちら

プロフィール
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-09-03 08:14 | Body&Mind

難民支援協会より、緊急カンパ!

a0057830_16301113.jpg

以前にもお願いをしました難民支援・緊急キャンペーンについて。

難民支援協会では、難民申請者の最低限の生活を支援するために寄付を募っています。詳しくはこちら

グリーンフラスコでは、この緊急キャンペーンの賛同団体として引き続き自由が丘店店頭にて募金の協力をお願いする他、社内でも支援物資の寄付をしています。皆様の協力をお願いします。

グリーンフラスコの難民支援プロジェクト
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-07-04 16:29 | Body&Mind

チャリティー・TOEICセミナー

先日ご紹介した難民支援協会ではこんなチャリティーイベントも行っています。

<チャリティー・TOEICセミナー>
TOEIC600点クリアを目指す、初級レベルの方々を対象としたセミナーを開催し、収益は全て難民支援協会の実施する支援活動に使うという仕組みです。こんな方法でも難民支援協会を通して難民の方の支援ができます。

チャリティー・TOEICセミナーの詳細
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-05-28 20:42 | Body&Mind