タグ:economy ( 12 ) タグの人気記事

人間の安全保障シンポジウム@早稲田大学

MDGs(国連ミレニアム開発目標)の達成期限まであと5年となり、先日、早稲田大学大隈講堂にて「人間の安全保障シンポジウム 人間の安全保障の過去・現在・未来〜MDGs達成を目指して」と題して、各分野での取り組みについて話し合われる機会がありました。

人間の安全保障といわれるとなかなかピンとこないで、まず核兵器に関する緊張が高まっていた時代や中東での紛争などを思い浮かべましたが、健康に暮らせるための衛生環境、安全な飲み水・食料や燃料などの資源へのアクセス、教育などの権利を遂行すること全てが安全保障として考えられています。

日本で当たり前のように、紛争の危険にさらされるわけでもなく、ある年齢に達したら男女ともに一定の教育を受けることができ、安定供給された水や電気の恩恵に授かっているとなかなか実感のない分野ですが、少し意識を向けてみたいと思って今回のシンポジウムに参加しました。

8つの目標のうち、保健の分野では「幼児死亡率の削減」「妊産婦の健康状態の改善」「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病のまん延防止」が掲げられています。具体的には以下のような目標に取り組まれています。
「幼児死亡率の削減」:2015年までに5歳未満児の死亡率を3分の1に削減する。
「妊産婦の健康状態の改善」:2015年までに妊産婦死亡率を4分の1に削減させる。2015年までにリプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)への普遍的アクセスを実現する。
「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病のまん延防止」:2015年までにHIV/エイズのまん延を阻止し、その後減少させる。2010年までにHIV/エイズの治療への普遍的アクセスを実現させる。2015年までにマラリアおよびその他の主要な疾病のまん延を阻止し、その後減少させる。
*現状報告についてはこちら
a0057830_82247.jpg


More
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-07-30 08:22 | Body&Mind

PARC自由学校2010年講座案内

PARC自由学校から2010年度の講座案内が届きました。今年も興味ある内容が多い。

例えば「いのちの値段ーグローバル化と科学技術・倫理」講座:人のいのちに関わるのは、医療・健康という分野だけではありません。経済的な格差のため、不安定な社会状況のために、同じ1人の人間のいのちが全く違った価値で扱われていることが、様々な視点から取り上げられます。このような現実から目を背けることはできません。
すぐに何か行動が起こせなくても、まず知ることからはじめられたらと思います。

また、別枠「麻ではじめる自然生活」講座では、ヘンプオイルのシャンプルから塩田さんが講師として参加されます。こちらは、ヘンプ=大麻というような偏見を取り去り、私たちの生活に有用な麻(ヘンプ)の魅力を伝えてくれると思います。
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-03-16 17:02 | Body&Mind

article:「伝統医療脈々と」

3月25日(水)に朝日新聞朝刊に掲載された記事では、「薬草・はり 安さが魅力」というサブタイトルでミャンマーでの伝統医療の普及について紹介されていました。

昨年11月のWHO北京宣言後、ますます注目される伝統医療ですが先進国と途上国では捉えられ方が違うようです。まず、タイトルにあるように
伝統医療は西洋医療より治療費が安価であること
ミャンマーでは、一日の入院費用が西洋医療による病院だと約1400円、伝統医療総合病院だと約470円(ちなみに都市部の平均月収は約2800〜4700円)。
軍事政権に対して欧米諸国から経済制裁を受けている中、西洋医療の援助や輸入に頼りたくない背景があること
現在、政権を握るのは88年にクーデターで実権を握った政府。なんと89年には早々保健省に伝統医療局を設けて薬品や療法の開発、人材育成を開始、00年には関連法を制定、01年には新設の伝統医療大学ができました。08年からは医療師のいない村に伝統医薬品の置き薬を試験導入。(本文より抜粋)

危機をチャンスで切りかわした素晴らしい政策ではありませんか。少なくても医療分野においては欧米社会の奴隷ではないのです。1から10まで欧米社会の顔色をうかがっている日本から見るとこの独立心うらやましくもあります。日本で有り余る程の新設薬学部を作っている場合ではありませんよね。これらの新設薬学部を近い将来どう有効活用していくか。伝統医療学部に移行するのも手かもしれません。

*北京宣言についての関連記事はこちらへ
*途上国の伝統療法への取り組みガーナ編
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-03-29 08:10 | Herbal Medicine

book:「フェアトレードを探して」

a0057830_12201864.jpg「フェアトレードを探して」
三浦史子著
スリーエーネットワーク

5月10日(土)は世界フェアトレードデー2008のイヴェントに参加する予定です。それに当たって、もう一度フェアトレードについて考えようと本を物色していたところ、こちらのブックレヴューで、この本は作成においてどんな素材の紙を使うかなどこだわりもって取り組んだことを知って、ぜひ読んでみたいと思い手に取った一冊です。

世界中を巡った彼女の取材力にまず頭が下がり、それよりも何よりも取材を通しての疑問の投げかけに考えさせられました。通常、本を読んでいるときは受身で最終的に本を通して考えさせられたことはあるけれど、この本は読みながらここはどうなっているの?と質問が頭を巡り、ワークショップに参加しているような気分でした。しかも疑問を解く糸口と考える余地が程よくちりばめられていました。
もう一度フェアトレードについて考えてみるにはもってこいの本でした。

今年のフェアトレードデーのテーマは「フェアトレード+エコロジー」。つながっていることは何となく分かるけれどはっきり接点が分かりきっていないので、イヴェントではそこを聞いてきたいなと思っています。

世界フェアトレードデーに参加して
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-05-10 08:58 | Books

Shopping:オーガニックハーブ

先日、イギリスからハーブが届きました。日本に帰国してから3ヶ月程が過ぎ、イギリスから持ち帰ったハーブが底をついてきたので在庫を補充しました。まず日本のハーブショップをいくつか巡ってオーガニックハーブを探しましたが、非常に高価か欲しいハーブを扱っていないかでなかなか手に入りませんでした。結局、イギリスでいつもお願いしていたお店にお願いして送ってもらいました。手数料がかかってあまり安くはならなかったけれど多くの種類から選べるので便利です。
a0057830_924367.jpg
(ビニールのバックでなく、ハーブが呼吸しやすい紙パックに入っているのも信頼できます。)

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-03-27 10:01 | Herbs

News: 西洋ハーブのOTC医薬品化が進む

現在、薬局に行くと「医薬品」という分類になっているものにハーブの成分が一部使われているのを知っていますか。それが2008年秋には、もう一歩踏み込んで西洋ハーブのOTC薬が販売される見込みとか。2006年のあの一報は実現に向けて動いているようです。

(以下、2008年早耳トレンドランキング最前線から抜粋)
西洋ハープは、実はヨーロッパ各国で大衆薬として薬局の売り上げの3~4割を占めるほど普及しているが、国内ではまだ認可されていない。このため、06年末にエスエス製薬を中心とした15社が厚生労働省に承認申請の簡略化を提案。その結果、申請時の資料に海外のデータを活用できるようになった。ハーブによっては臨床試験の多くを省き、日本人の安全性確認を行えば申請できる状況が整ったのだ。実際に、ある業界関係者は「すでに申請をした会社もある」と断言した。商品化までは早ければ1年。08年秋にも日本初の西洋ハーブOTC薬が登場する見込みだ。

つまり、今までサプリメントとして売られていたセントジョーンズワートやギンコなどが効能効果をうたって販売できることになるかもしれないということ。しかも、西洋ハーブOTCナビによるとそれらの西洋ハーブOTC薬は第一類として区分されるようになるので、薬剤師による対面販売等が義務づけられる。購入される側にとっては、他に服用している医薬品との相互作用などのチェックを受けて購入できるので安心感が広がるだろうとまとめています。
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-03-14 10:49 | Herbal remedies

Website:エコロジカルメディスン倶楽部

ハーブショップ・グリーンフラスコエコロジカルメディスン倶楽部に仲間入りさせていただきました。
a0057830_1984917.jpg

エコロジカルメディスン倶楽部には、「ひとの健康、社会の健康、そして地球の健康を考える」という副題を掲げ、それに共感する方たちのブログが紹介されています。渡英する6年程前までグリーンフラスコでは多くのことを学ばせてもらいました。今ハーブ療法をやっていく上で大切にしている「植物療法を通して、人の健康だけでなく経済活動や環境問題にも取り組んでいける」というコンセプトは、グリーンフラスコで築かれたものです。

あの頃、グリーンフラスコの取組みからこんなことを学びました。
*ホリスティック医学:医師と代替療法家たちがチームになって患者さんの治療に当たる実践の場を見ることができ、その意味を学びました。
*フェアトレード:先進国のエゴで利益の搾取をしてはいけないことを実感しました。奇跡のハーブといわれているものにはアマゾンやアフリカなど発展途上国が原産のものも多く、搾取による資源の枯渇にも意識を向けることを学びました。
*エコな植物原料であるヘンプ:ひと昔前はヘンプの「へ」といっただけでも偏見をもたれましたが、いいものはいいと言えるようになりました。フラワーレメディーやホメオパシーもこの分類に入っていたと思います。
*バリの魅力:神秘的なもの、霊的なものや世界の伝統療法や風習に興味をもち、尊重するようになりました。

こうやって書いてみると、本当に多方面にわたって情報を発信していることが分かります。今後もエコロジカルメディスン倶楽部を通して、また新しい引き出しを増やしていきたいです。
[PR]
by saori_ishimaru | 2008-01-24 15:17 | Body&Mind

Report: クリスマスチャリティーの報告

2005年11、12月を通して協力していただいたクリスマスチャリティーの総額は32ポンド(約6400円)でした。責任を持ってUNICEFに送らせていただきました。

ありがとうございました。
[PR]
by saori_ishimaru | 2006-01-26 17:29 | Work

TV probram:世界の薬草最前線

「世界の薬草最前線」というドキュメンタリーで、発展途上国における植物療法について放送していました(全2回の前半はみのがしてしまいました)。医療としての植物療法の位置づけ、問題、これからの展望について、中国、チベット、ヴェトナム、アフリカからの報告です。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2006-01-12 00:27 | Herbal Medicine

Messege: ボディショップの取り組み

ボディショップは私に初めて化粧品というものに興味を向かせてくれたところでした。それまで化粧品に対して動物実験がされていた事や、原材料に天然素材を使って経済支援ができるなんで考えてもみなかったので。

More
[PR]
by saori_ishimaru | 2005-11-28 23:23 | Body&Mind