タグ:education ( 64 ) タグの人気記事

2016年1−3月WS「女性のための植物療法」

2016年から始まる新しいハーブワークショップのご案内です。

今回のテーマは「女性のための植物療法」、全3回シリーズです。女性にフォーカスを当てますが、女性が行う自分自身のケアのみでなく、ご家族のケアに活かせる植物療法をご紹介するワークショップです。季節や体質に合わせた体調管理、ライフステージに沿った体調の変化のサポートなど家庭でできるハーバルヘルスケアを試してみましょう。男性の参加も歓迎します。

第1回 女性のためのハーブ

第2回 妊娠、出産のためのハーブ

第3回 子供のためのハーブ

毎回、テーマに沿ったハーブと、植物療法での活用法をご紹介していきます。各回5種類のハーブを取り上げますが、まずはハーブティーをじっくりテイスティングして、ハーブの特徴や体への働きを確認します。それから、ハーブの活用法を学んでいきます。それぞれのハーブの働きと、ブレンドでの相性、ハーブティー以外の活用の仕方などを見ていきます。後半は体験実習です。五感に響くハーブの特徴を体感していただきます。最後に、オススメの書籍や商品をご案内します。ワークショップはここまでですが、お持ち帰り用サンプルハーブをご用意しますので、ご自宅で早速試していただいたり、ご紹介する書籍で理解を深めてください。

日時:水曜日午前中 または日曜日午後 (途中、休憩時間あり)

① 2016年1月27日(水)10−12:30/1月17日(日)15−17:30

第1回 女性のためのハーブ月経や更年期のトラブル、冷えや不眠などを取り上げます。実習では、ハンドマッサージをやってみます。指先から肘まで行いますので、腕を出しやすい服装でご参加ください。

② 2月24日(水)10−12:30/2月28日(日)15−17:30

第2回 妊娠・出産のためのハーブつわりやむくみ、便秘などの妊娠中の症状から、産後の母乳促進、メンタルケアまで。実習では、フットバスを行います。くるぶしまで浸かりますので、足を出しやすい服装でいらしてください。

③ 3月23日(水)10−12:30/3月20日(日)15−17:30

第3回 子どものためのハーブ風邪や中耳炎、おなかの不調など日常生活でのトラブルを取り上げます。実習では、お子さんでも取りやすいシロップの作成をします。

参加費:単発受講 1回3,500円/ 3回連続受講 9,000円 (ハーブティー、実習代、お持ち帰り用サンプルハーブ込み)

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。お気軽にいらして下さい。*お子さんとご一緒の参加も可能です。

場所:南の島の助産院〒894−0031 奄美市名瀬金久町4−15 リッチヒルズ朝の海 2−A

定員:10名 *要予約お問い合わせ・お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は 080 1269 2879 まで


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2016-01-03 20:41 | Work

10/30〜第12期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」

2013年10月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第12期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

2008年秋に開講して5年に渡ってご提供してきた「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」でしたが、今期の募集が最後になるそうです。グリーンフラスコのサイトリニューアルに合わせて、中止されることととなりました(再開予定はあるそうですが、時期は不明だそうです...)。
a0057830_21414248.jpg
この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、また宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。

こちらの講座はオンライン講座なので、ご自分のペースで、都合のつく時間に進めていただくことができます。月に2度、10例ずつのケーススタディが更新され、まずご自身で取り組んでいただき、次回解説をみながら理解を深めていただくというものです。10例のうち3例は課題として提出していただきます。

受講に際しての必須条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。初心者の方にも取り組みやすいように、今月からグリーンフラスコ オンラインスクールで、イントロダクションに当たる「はじめての英国ハーブ医学」(毎月開催)も別途、始まりました。また、本講座中にも、一部のケースには、段階的に学べるインディケーターをつけています。

身につけたハーブの知識をどのように応用すばいいか模索している方に向いています。
1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!
2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。
3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

*お問い合わせはグリーンフラスコまで
*2013年10月期は、モニター募集価格(通常の受講料から5万円割引)で受講できます。この機会お見逃しなく!
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-01 21:00 | Work

9/18〜 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

身近なハーブが、こころと体の健康にどのように役立つのかを学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブを取り上げて、ハーブティーの試飲をしながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。
a0057830_2218492.jpg

日時:毎月第3水曜日 14〜15時 
2013年9月18日(水) スイートフェンネル
   10月16日(水) エキナセア
   11月20日(水) エルダーフラワー
   12月18日(水) ジャーマンカモミール
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳 →

参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー、お持ち帰りいただけるお試し用ハーブ込み)

お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は Facebook →
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-09-02 22:12 | Work

10/1〜 新講座 グリーンフラスコオンライン講座「 はじめての英国ハーブ医学」

2013年春、東京で行なった「はじめての英国ハーブ医学」講座はおかげさまでご好評をいただいて、グリーンフラスコオンライン講座に登場することになりました。
a0057830_4263957.jpg
全2回、毎月開講という気軽に受講していただけるカリキュラムにまとめています。英国流のいくつか特徴をを学びながら、実際の活用方法をケーススタディを通して確認するスタイルを取っています。少し聞き慣れないハーブやレメディ(製剤)が出てくるかもしれませんが、使い分けの基礎を身につけてください。そして、実践してみるという次のステップにつなげてください。

以前、グリーンフラスコで開催した「はじめての英国ハーブ医学」講座には、ハーブ療法にはあまり馴染みはないけれど、日頃ハーブティーを飲んだり、ハーブをお料理に活用したり、ガーデニングを楽しんでいるという方々がいらして下さいました。

この講座でも、ハーブ療法は初めてという方を対象に、英国流のアプローチをわかりやすく解説していきます。また、グリーンフラスコ・オンラインスクールで行っている「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」の受講を検討中の方にもおすすめです!

カリキュラムとしては、
------
第1回(総論)
①英国ハーブ医学の考え方
②ハーブレメディ(製剤)の特徴
③コラム:ガーデニング(実際に育ててみよう)
課題1

第2回(ケーススタディ 2ケース)
④ハーバルヘルスケア
⑤前回の課題回答
⑥コラム:ハーバリストを訪ねてみる
プラス課題2

*聞き慣れないハーブやハーブレメディについては、写真を多く入れてご紹介しています。
*ハーブレメディに関しては使い分けや応用の仕方を中心に説明していて、定義や作り方は含まれませんのでご了承ください。

第1回は10月1日開講。詳細は、追ってグリーンフラスコのウェブサイトでご紹介します。
グリーンフラスコ・オンライン講座→
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-08-20 09:00 | Work

4/30〜第11期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」

2013年4月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第11期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。
a0057830_4582979.jpg

対象は、主に中級(日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト取得者がが目安)〜上級者の方ですが、メディカルハーブの基礎を学んだ初心者の方にも取り組みやすいように、一部に段階的に学べるインディケーターをつけました。

この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、日本では考えられないくらい乱れた食生活を送っている方が登場することもあります。また、宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります(ハーブの用法については必要に応じて解説を入れています)。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。
受講に際しての必要条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。身につけたハーブの知識をヘルスケアのツールとして深めたい方、どのように応用していけばいいか模索している方などに向いています。
1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!
2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。
3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

ご自分で作ったブレンド/レシピはご自分で実際に試してみて、香りや味、体や心への作用を実感してください。自分の五感にどう響くかも大切な情報です。知識として学んだ成分や作用などを再確認できるだけでなく、使用感を知っていることもハーブ療法を継続して行うためには重要です。

*お問い合わせはグリーンフラスコまで

*今なら、モニター募集で通常の受講料から5万円割引になります。定員になり次第閉め切るようなので、ご検討中の方は早めにお申し込みください。
詳細はこちら→
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-04-03 00:00 | Work

11/10 トイレに、愛を。フォーラム2012

子どもの健康には「いいうんちといいねむり」が大事!と題して「トイレに、愛を。フォーラム2012」が開かれます。自然療法をやっているとよく言われる「よく食べて、きれいに出して、ぐっすり寝ていれば健康そのもの」という言葉は正にその通りですが、出す部分はあまり聞く機会はないと思うので、興味ある方はぜひ参加してみて下さい!

うんちって汚い?いえいえ。都会では、どこでもすぐにお水に流してしまい気に留めることもないような存在ですが、うんちは大切な健康のバロメータです。赤ちゃんの時には、健康状態を見る大切な指標でしたよね。

子育てや子どもの保育・教育に関わる人たちによると、子どもたちの寝不足、食の乱れ、運動不足、便秘など様々な声をお聞きします。私たちヒトが健康的な生活をおくるためには、寝て食べて動いて出すという当たり前のことをその人なりのリズムで日々おこなうことが大切です。

本フォーラムでは、この中でも情報が不足し、軽視されがちな「排泄と睡眠」にフォーカスし、ぐっすり眠ってスッキリ出せるからだづくりについて考えていきます。本フォーラムでは、この中でも情報が不足し、軽視されがちな「排泄と睡眠」にフォーカスし、ぐっすり眠ってスッキリ出せるからだづくりについて考えていきます。

医学的視点からの「排泄と睡眠」のメカニズムや身体への影響、子どもが笑顔になるトイレづくりの事例など、最新の情報をお届けいたします。

保護者の方はもちろん、子どもの保育や教育に関わる方、トイレ・排泄・睡眠に関わる企業の方などが対象です。主催は日本トイレ研究所
a0057830_20141671.jpg
日時:2012 年11 月10 日(土)13:00〜16:40(12:30 受付)
会場:ハロー会議室 青山/東京都港区南青山2-12-15 サイトービル4F
(以上、一部内容を書き加え、日本トイレ研究所からの案内を転記しています)
*詳細・申し込み先はこちら→
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2012-10-20 20:33 | Body&Mind

10/30〜 第10期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座 開講

1012年10月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第10期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

対象は、主に中級(日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト取得者がが目安)〜上級者の方ですが、メディカルハーブの基礎を学んだ初心者の方にも取り組みやすいように、一部に段階的に学べるインディケーターをつけました。

この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、日本では考えられないくらい乱れた食生活を送っている方が登場することもあります。また、宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります(ハーブの用法については必要に応じて解説を入れています)。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。
a0057830_11513111.jpg

受講に際しての必要条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。身につけたハーブの知識をヘルスケアのツールとして深めたい方、どのように応用していけばいいか模索している方などに向いています。
1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!
2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。
3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

ご自分で作ったブレンド/レシピはご自分で実際に試してみて、香りや味、体や心への作用を実感してください。自分の五感にどう響くかも大切な情報です。知識として学んだ成分や作用などを再確認できるだけでなく、使用感を知っていることもハーブ療法を継続して行うためには重要です。

*お問い合わせはグリーンフラスコまで

*今なら、モニター募集で通常の受講料から5万円割引になります。定員になり次第閉め切るようなので、ご検討中の方は早めにお申し込みください。
詳細はこちら→

*第9期受講の皆様、もう少しで最終講評がお手元に届くと思います。楽しみにお待ちください。
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2012-10-19 05:53 | Work

2012年1〜4月 セミナー・ワークショップ

a0057830_2212026.jpg

4/21 英国ハーブ医学 実践講座:製剤を学ぶ(グリーンフラスコ・自由が丘)終了しました

4/30〜第9期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」(世界中どこからでも参加いただけます!)開講中

*その他、奄美大島でのセミナー・ワークショップを随時、受け付けています。
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2012-04-30 20:56 | Work

4/21英国ハーブ医学 実践講座:製剤を学ぶ

しばらく香港の大学院での勉強のため、日本を離れていましたが、今月無事卒業し、日本でも活動を再開することになりました。

グリーンフラスコオンラインスクールで開講している「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」の補講を目的にして、4月に製剤を学ぶ講座を開催します。

日本では馴染みの少ない基剤や製剤を症例を交えて紹介します。この機会にブラッシュアップして、オンラインスクールで学んだ内容を実際に活用していただければと思います。対象は、グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」の受講生、修了生、また受講をお考えの方、英国ハーブ療法に興味をお持ちの方です(ハーブ療法の基本的な知識をお持ちの方が対象です)。

紹介する製剤は、チンキ剤、浸剤、パウダー剤、クリーム剤、リニメント剤、軟膏などを予定しています。その他、オンラインスクールで扱った英国ハーブの中でも、日本でなかなか流通していないハーブのサンプルもお見せできればと思います。

日時:2012年4月21日(土)10:00~12:00 終了しました
会場:グリーンフラスコ バロンホール(自由が丘駅より徒歩5分)
講師:石丸沙織(グリーンフラスコ研究所、薬剤師・英国メディカルハーバリスト)
受講料:一般 5,250円/GOS生 4,200円
*詳細はこちら
a0057830_21531969.jpg

herbs'haven
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2011-12-19 22:11 | Work

緑の英和辞典

a0057830_22124292.jpg翻訳家の椎名佳代さんが、「緑の英和辞典」を作ってくださいました。ハーブに関連する英単語を集めた英和辞典です。

下記のような見出しがあって、アルファベット順に並んでいますので、使い勝手もよいです。
疾患・症状
作用
製剤
解剖・生理
科名
栽培

ハーブ関連の書籍は洋書が多いですが、読んでみてわからない単語がでてきたらぜひ役立てて欲しいです。

*緑の英和辞典のリンクはこちら

*椎名さんの翻訳本には「ハーブハンドブック」&「精油・植物油ハンドブック」などがあります。
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-06-01 21:45 | Herbal Medicine