gardening diary: ハイビスカスの収穫

香港のヒーリングスポットは風水に基づいていろいろあるけれど、私のおすすめは南Y島(ラマ島)という離島にあるオーガニック・ハーブガーデン・herbolandです。

ラマ島は、香港島・中環からフェリーで30分、香港では通勤圏内に入っていて外国人の多い居住地域だそうです。住人のニーズに合わせたカフェやショップも多く、離島とはいえ、うちの近所よりもよっぽど西洋化されている感じです。ヨガセンターがあったり、自然食品店、オーガニックレストランも揃っています。島のレジャーとしては、ビーチで海水浴をしたり、トレッキングやサイクリングなどがおすすめで、週末はとても賑わいます。

お気に入りのherbolandは香港で唯一のオーガニック・ハーブガーデンで、見学用ガーデン、ハーブティーの楽しめるカフェ、ハーブティーやハーブの種、苗を販売しているストール、栽培用ガーデンからなっています。

このハーブガーデンで、ガーデニングのお手伝いを始めました。
栽培用のガーデンでは、今は収穫と冬に向けての新しいベッドをつくっているところ。今回はハイビスカスHibiscus sabdariffa(Roselle アオイ科)の収穫を手伝いました。お花が終わって、茎には赤い咢が並んでいます。その中から咢に包まれた実がぷっくり膨れたものを選んで収穫します。上から覗いた時に咢の合間から実がチラチラ見えるくらいまで育ったものが収穫の目印。
a0057830_9551536.jpg
軽くおるようにして収穫しますが、固い外見と裏腹に結構繊細で、ちょっと手が当たっただけで若い咢がポロッと落ちてしまうこともあるので、優しく手折るように集めます。
a0057830_7575529.jpg
残念ながら、お花の季節は終わってしまいましたが、ハイビスカスRoselleは真っ赤な南国のいわゆるハイビスカスと違って、やさしい桃色の花びらをつけます。
a0057830_0243418.jpg
収穫したら、すぐに実を取り除く作業に取りかかります。まず咢のお尻をはさみで丸く切り取って、お尻から押し出すようにして実を取り除きます。後は時間をかけて乾燥させます。香港はまだ日によっては90%近い湿度があるので、かごに広げて軽く乾燥させた後は、除湿器を使って完全に乾燥させて出来上がります。
a0057830_0245752.jpg
乾燥する準備ができたハイビスカスの咢と芽キャベツのような実。

来週は新しいベッドに苗を植えていく予定です。
by saori_ishimaru | 2010-09-25 07:38 | Herbs
<< 連載:aromatopia10... Hawaiian herb:マ... >>