herb: ディル Anethum graveolensの収穫

香港では、乾燥している冬の期間にディルを育てます。冬の間は葉をちょっと刻んでお料理にの風味付けに使って楽しむことができました。

今はメディカルハーブとしてのディルの収穫時期。使用するのは種子。まだお花がついているものもありますが、4月の終わりから種がつき初めました。
a0057830_7572795.jpg
こんな風に、丸くなって色づいて来た頃が収穫のタイミングです。既に湿度が90%を超える日もある香港では、茶色く乾燥してくるとすぐにカビてしまうので、天気などのタイミングを見計らって素早く収穫していきます。

同じセリ科のフェンネル Foeniculum vulgareの種が細長く、筋が入っているのに比べると、ディルは色が茶色っぽいだけでなく、まわるく膨らんだ種が特徴です。

*いろいろな季節のディルの写真@herbs'haven
[PR]
by saori_ishimaru | 2011-05-10 08:11 | Herbs
<< gardening diary... gardening diary... >>