shop:ハーブ療法を実践するみみずく薬局

a0057830_18432260.jpg学生時代からハーブやアロマセラピーなどの植物療法を実践してきた仲間と久しぶりにあってそれぞれが取り組んでいるハーブのお話しをしました。

私たちが薬学部にいた十数年前、アロマセラピーやハーブはまだ一般的とは言えなかったのにかかわらず、彼女の就職した先は漢方と西洋ハーブ、アロマセラピーを既に導入していた薬局でした。彼女はもう10年にも渡って、薬剤師として西洋医学と植物療法の療法に取り組んでいる貴重な存在です。

彼女の勤めているみみずく薬局では、調剤という機能の他にオーガニックハーブや精油、関連雑貨を扱っています。

今年からハーブティーのプロモーションに取り組んでいるので、やはり気になるのは店舗での反応。マイボトルキャンペーンについて意見を聞きたかったのです。
なんとみみずく薬局は、既に同じような取り組みを数年前にしていました。その名も「ハーブティーバイキング」。ティーバックに詰めたオリジナルハーブティーを自由に選んだり、その場で飲めるように使い捨てタンブラーを用意した企画だったのですが今は続けていないとか。

ぜひ、復活してほしい!次いでに給茶スポットも作ってほしい!
草の根運動ではありますが、やはりハーブはシンプルなハーブティーとして楽しんでほしいという思いがあります。

「マイボトルでハーブティーを持ち歩こう!」というキャッチフレーズを掲げたマイボトルキャンペーンは、
1)ゴミになってしまうペットボトルや紙パック入り飲料購入の変わりに、マイボトル(水筒、タンブラー)を持ち歩こう!
2)ノンカフェインで、からだとこころに働きかけるハーブティーを知ってほしい。
3)ハーブティーをお茶の時間の1杯で終わらせないで、飲む習慣を付けてほしい(そうすることで、からだへの働きかけが期待できます)。
という思いをこめて進めています。

*キャンペーンに参加して下さるショップさんやアイデアのある方はぜひご一報下さい!
[PR]
by saori_ishimaru | 2009-02-14 09:08 | Herbal Medicine
<< 2/22ハーバルヘルスケア相談 2/12 英国ハーブ療法カウン... >>