article:日本メディカルハーブ協会 会報誌Medical Herb08

6月発行の日本メディカルハーブ協会 会報誌「Medical Herb08」に寄稿していた「イギリスのハーブ事情」も第6回目を迎え、最終回になりました。 

今回は「英国メディカルハーブの事情ー植物療法に用いられるハーブを比較する」と題して、同じハーブでも英国と日本では位置づけが違い、民間療法寄りであったり、食材として頻用されている点などを取り上げています。こうやって見てみると、植物療法はその国の文化や風習に基づいた伝統療法であることがよくわかってきます。
a0057830_14274417.jpg

[PR]
by saori_ishimaru | 2009-06-06 14:45 | Work
<< 野生ハーブを探して森へ report:薬学部での植物療... >>