3/21グリーンフラスコ植物療法シンポジウムin大阪

a0057830_14554381.jpg
「心の治癒力とうまく引きだす」
黒丸尊治著
築地書館

著者である黒丸先生は心療内科を専門とする医師で、現在は彦根市立病院緩和ケア科に勤務されています。その様子を昨年3月に大阪で開かれた植物療法シンポジウムで伺いました。

「自然治癒力を呼び覚ます~緩和ケアの現場から」というテーマの講演で、まず緩和ケアについての誤解やガン難民の現状について説明があった後、彦根市立病院での取り組みが紹介されました。がん患者さんの自然治癒力をどうしたら呼び覚ますことができるのかということを念頭におき、アロマセラピー、リフレクソロジー、アニマルセラピーなどのセラピーが併用して行われています。こちらは共感したセラピストの方々がボランティアで参加しているそうです。

本書の中では、かつて心療内科に勤務されていたときの経験をもとに、患者さんにきっかけを与えてあげて自ら治癒されて行く過程に寄り添ってあげたいという先生の思いが書かれています。患者さんの言っていることはまず否定しないで、受け入れて、気づきを促すという方法は、英国のハーブ医学校での臨床実習を指導してくれたBill先生にも、いつも言われていたことでした。否定され頑なになってしまうと、治癒の過程にブロックを生じてしまう。患者さんが心を開いてくれるのを待つのでなく、まず自分が患者さんを受け入れてみてみるように教えられていました。

黒丸先生の行っているような心の通った医療がますます広がっていくとうれしいです。今年も3月に黒丸先生のお話を聞ける機会があります。対談形式にて「心の病と植物療法」というタイトルでお話になります。

日時:2010年3月21日(日)12:30〜17:00(会場12:00〜)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
参加費:3,150円

*詳細はこちら
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-01-29 13:53 | Work
<< 母校のヨーロッパ研修旅行 book:「フラワー療法事典」 >>