3/16英国ハーブ医学講座「ネトル」

a0057830_1702059.jpg

春が近づいてくると元気な黄色い花のタンポポが目に入ります。英国では、その側にネトルの葉が伸びているのを見ることがよくありました。写真では、タンポポの周りに伸びているシソの葉っぱのような形をしたものがネトルです。この写真ような新芽のときには、摘んでネトルスープにしたり、炒め物にも利用することができます。ジューサーにかけフレッシュジュースを作るにも最適です(ちなみに余分な熱をかけないように手動のジューサー/プレッシャーを使うのがおすすめです)。

ヨーロッパでは、伝統的に春季療法のデトックスハーブとして知られています。惑星では火星に支配されているハーブで、火星の性質を利用して熱く乾燥しかゆみを伴う皮膚症状に使用されてきました。葉や茎の表面に広がるチクチクした毛を利用した同種療法など、穏やかではない治療法もあったと言います。

3月に行うセミナーでは伝統的な用法から現在の研究に至るまでネトルを様々な側面から考察します。また、参加型セミナーで、皆さんのご意見や経験を伺いながら進めていくのが特徴です。じっくりハーブのテイスティングをしたことがない方には、特にお薦めの講座です。日本で行うセミナーも残り僅かになりました。ハーブに興味をもっている方々となるべく多くのことを共有していきたいと思いますので、ふるってご参加ください。

英国ハーブ医学講座「ネトル:パワフルな浄血ハーブ」
日時 2010年3月16日(火)14〜16時
会場 グリーンフラスコ・バロンホール(自由が丘)
*詳細はこちら
[PR]
by saori_ishimaru | 2010-02-19 17:21 | Work
<< 2010年2月 セミナー・ワ... 2/18チャリティーイベント「... >>