<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

herb:ローゼル Hibiscus sabdariffa

夏の終わりにローゼル Hibiscus sabdariffaの収穫をしました。日本では、ハイビスカスという名前でもよく知られているハーブです。ローゼルは、夏の盛りを過ぎた頃から、淡いピンクのお花をつけます。
a0057830_2115983.jpg
ローゼルの使用部位は咢。お花を裏から覗き込んでみると見えるこの赤い咢を使います。お花が終わり咢に隠れた種の莢が膨らんできたら、収穫のサインです。
a0057830_21143040.jpg
収穫したばかりの咢。真っ赤でツヤツヤ。夏の太陽をたくさん浴びた証です。この咢から、中心にある種の莢を取り出し、乾燥します。
a0057830_21164667.jpg
お花を見てピンときた方もいるかと思いますが、オクラと同じ仲間で、アオイ科の植物です。種の莢も、オクラのようにちょっとネバネバしています。
gardening diary:ハイビスカスの収穫もあわせてどうぞ!

ちなみにこちらが、亜熱帯から熱帯地方でみられる一般的なハイビスカス。
a0057830_20591096.jpg


ローゼルは、ハーブティーを入れると、赤い色が映えてとてもきれいです。私もハチミツに漬けたり、ジャムのように煮込んだりして、お料理にも活用しています。
a0057830_8182821.jpg
そんなローゼルをつかったステキな一品、ローゼルパイ。島のマクロビスイーツ屋さん・tsumugiさんの作です。お味は酸味と甘味がほどよく、絶品です!
a0057830_1957842.jpg


奄美でおすすめのマクロビスイーツ屋さんです。うちからは、1時間程ドライブして、海上タクシーに乗り換えて、さらに少しドライブしたところにあるので、私もなかなか食べることができません。うれしいことに郵送をしてくれます。島外への発送もしているので、ぜひ!a0057830_208461.jpg 

tsumugi
加計呂麻島・瀬戸内町押角452-3
tel 080-5527-4910
営業時間 土・日のみ 11:00~夕方
サイト→

*マクロビオティックのスイーツ(加計呂麻島のパッションフルーツやパイナップルなどをつかったクッキー、パイなど)の他、天然酵母のパンや玄米菜食のお食事BOXなども販売しています。
*秋のおやつBOXはおいしそう!→
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-29 21:28 | Herbs

herb: チコリー Cichorium intibus

チコリーCichorium intibus と聞いて思い浮かぶのはなんでしょう?
野菜としてのチコリー?爽健美茶に含まれる薬草?
a0057830_9525015.jpg
チコリーはひょろっとした茎に青紫色の花をつけます。やや暖かみのあるパンジーやラベンダーの紫に比べると、チコリーやボリッジはクールなイメージです。かわいらしいお花ですが、クールでハンサムなイメージもあります。
a0057830_9514736.jpg
私がチコリーを使うのは、代替コーヒーとしてです。カフェインを含まない代替コーヒーでは、タンポポ根が一番よく知られているいますが、そのタンポポと一緒にブレンドされていたり、大麦(barley)とブレンドされているものが市販されています。チコリーコーヒーに使うのは根です。お花が終わって、茎が枯れた頃に収穫します。
a0057830_952060.jpg
作り方は簡単。1)収穫した根は泥を落とし、しっかり洗い、薄くスライスしてから乾燥させます。2)カラカラに乾燥したら、フライパンで香ばしくなるまで煎ります。3)コーヒー豆用のブレンダーで挽きます。このままでもおいしいですが、スパイスミルクコーヒー(?ティー)にしてもよいです。いつもはハチミツを足していますが、メイプルシロップもおいしいと聞きました。
ぜひ、色々試してみて下さい!
a0057830_9514298.jpg

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-23 12:17 | Herbs

10/30〜第12期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」

2013年10月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第12期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

2008年秋に開講して5年に渡ってご提供してきた「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」でしたが、今期の募集が最後になるそうです。グリーンフラスコのサイトリニューアルに合わせて、中止されることととなりました(再開予定はあるそうですが、時期は不明だそうです...)。
a0057830_21414248.jpg
この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、また宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。

こちらの講座はオンライン講座なので、ご自分のペースで、都合のつく時間に進めていただくことができます。月に2度、10例ずつのケーススタディが更新され、まずご自身で取り組んでいただき、次回解説をみながら理解を深めていただくというものです。10例のうち3例は課題として提出していただきます。

受講に際しての必須条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。初心者の方にも取り組みやすいように、今月からグリーンフラスコ オンラインスクールで、イントロダクションに当たる「はじめての英国ハーブ医学」(毎月開催)も別途、始まりました。また、本講座中にも、一部のケースには、段階的に学べるインディケーターをつけています。

身につけたハーブの知識をどのように応用すばいいか模索している方に向いています。
1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!
2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。
3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

*お問い合わせはグリーンフラスコまで
*2013年10月期は、モニター募集価格(通常の受講料から5万円割引)で受講できます。この機会お見逃しなく!
[PR]
by Saori_Ishimaru | 2013-10-01 21:00 | Work