<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2017年活動記録

a0057830_20145159.jpg
<英国ハーブ療法カウンセリング>
(奄美大島)随時:herbs’haven
(東京・飯田橋)不定期:アロマプラス
(神奈川・日吉)不定期:トトラボ

<翻訳>
「ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)

<セミナー・ワークショップ>
*herbs'haven(奄美大島)
夏のハーブ教室「虫よけスプレー&虫さされジェル」(夏季、随時)
「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」@雨ノヒパン(月1回)
「はじめてのハーブティー」@ヴィラ ゆりむん(単発)
*トトラボ(神奈川・日吉)
*グリーンフラスコ(東京・自由が丘)
*こたつむりdesign(東京・西荻窪)

<イベント>
(奄美大島)

<ブログ>
*「herbs'haven」(FB、ガーデニング日誌)
*「英国メディカルハーバリスト
*「フィンランドのハーブ紀行

<連載>
薬学生、薬剤師向け情報誌『MIL』「続・ハーブよもやまばなし」

<寄稿>

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-27 20:15 | Profile

2017年活動記録

<英国ハーブ療法カウンセリング>
(奄美大島)随時:herbs’haven
(東京・飯田橋)不定期:アロマプラス
(神奈川・日吉)不定期:トトラボ

<翻訳>
「ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)

<セミナー・ワークショップ>
*herbs'haven(奄美大島)
夏のハーブ教室「虫よけスプレー&虫さされジェル」(夏季、随時)
「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」@雨ノヒパン(月1回)
「はじめてのハーブティー」@ヴィラ ゆりむん(単発)
*トトラボ(神奈川・日吉)
*グリーンフラスコ(東京・自由が丘)
*こたつむりdesign(東京・西荻窪)

<イベント>
(奄美大島)

<ブログ>
*「herbs'haven」(FB、ガーデニング日誌)
*「英国メディカルハーバリスト
*「フィンランドのハーブ紀行

<連載>
薬学生、薬剤師向け情報誌『MIL』「続・ハーブよもやまばなし」

<寄稿>

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-27 20:13 | Profile

2/11 herbshaven in 東京 英国ハーブ療法カウンセリング

a0057830_14201064.jpg

英国ハーブ療法カウンセリングのご案内


いつもは奄美大島で行っている英国ハーブ療法カウンセリングを1日限りですが、東京・西荻窪で開催します。なかなか奄美大島まで足を運んでいただくことができない東京近郊にお住まいの方は、この機会をぜひご利用ください。

体調や体質にあわせて、からだと心に働きかける植物療法を実践しています。英国ハーブ療法カウンセリングでは、初回には約1時間かけてじっくりカウンセリングを行います。体のバランスを見極めるために、現在の不調と併せて、体質、過去の体調、食事や運動のパターンなどについても伺います。そして、カウンセリングに基づきオーダーメイドのハーブティーをブレンドしたり、ハーブを利用したヘルスケアを提案しています。

遠方から継続してご利用のお客様には、2回目以降、お電話やSkypeなどで対応させていただいていますが、初回のみは対面でのカウンセリングをお願いしています。

無農薬栽培されたハーブ(英国から輸入品及び奄美大島で栽培したハーブ)を使用します。からだへの負担がなく、安心してご使用いただけます。

*英国ハーブ療法カウンセリングは、治療行為を目的としたものではありません。
*現在、 医師による治療を受けている方(医薬品を摂取している方)には、主治医の承諾を得てからハーブ製剤をお勧めする場合があります。

料金: 初回(約1時間)6000円
2回目以降(約30分)4500円

*上記料金には、約3週間分のハーブレメディが含まれています。
*2回目以降は、電話やSkypeを使って継続して利用していただくこともできます。
*乳幼児、学童、学生への割引がありますので、お問い合わせください。

営業時間:午前9〜12時(最終受付午前11時)
*初回カウンセリングには約1時間を要します。2回目以降は30分でご予約いただいています(要予約)。
*キャンセルは24時間前までに知らせてください。24時間以内のキャンセルには、3.000円のキャンセル料をいただきます。

場所:『こたつむりdesign』
〒167-0054 東京都杉並区松庵3−37−21
(JR西荻窪駅南口より徒歩3分)


お問い合わせ、ご予約は
080-1269-2879 又は herbshaven@gmail.com(石丸)まで

[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-27 14:20 | Work

2018/2/9、4/13、6/15、10/12(全4回) 英国メディカルハーバリストから学ぶ「英国ハーブ療法」@トトラボ(日吉)

a0057830_14131773.jpg
英国ハーブ療法で取り上げられるハーブの中には、日本ではあまり馴染みのないものもあります。そんな中から日本でも入手しやすいものを選んで学んでいきます。 毎回2種のハーブをハーブテイスティングで体験し、用部や剤形の違いを学び、そしてケーススタディで活用法を確認していきます。

ハーブのお持ち帰り用サンプルをお渡ししますので、ご自宅で試してみていただくことができます。

*詳細、お申し込みはトトラボまで


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-27 14:14 | Work

2018年2−4月 ハーブ教室@雨ノヒパン(奄美大島)

a0057830_13463180.jpg
いつも雨ノヒパンさんの美味しいおやつが楽しみなハーブ教室。11月は雨ノヒパンさんが育てたもち米をつかったおはぎ、12月はシュトーレンでした。


雨ノヒパンでのハーブ教室「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」2018年2−4月のご案内が準備でました。来月、2018年1月9日(火)エルダーフラワーの回は、只今キャンセル待ちです。2月以降で興味のあるハーブを見つけたら、ぜひ早めにお申し込みください。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-27 13:49 | Work

broadcast:エフエムたつごう(奄美大島)

奄美大島・龍郷町のローカルラジオ、エフエムたつごうにて、herbshavenのお仕事のことを紹介していただきました。

2週に渡って出演させていただき、今週は英国ハーブ療法とは?奄美大島に移住するまでの経緯など、来週はherbshavenのメディカルハーバリストとしてどのような活動をしているのかについてのお話しです。

これをきっかけにハーブ療法やローカルで開催しているハーブセミナーに興味を持っていただけたら嬉しいです。


*「まちゃこの部屋」12/19、26(火)15:00〜15:30

貴重な機会をくださった「まちゃこの部屋」のまちゃこさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-19 13:57 | Work

2018年2月開講「英国メディカルハーバリストと学ぶマテリアメディカ」@こたつむりdesign(西荻窪)

*2018年12月分までキャンセル待ちになりました*

2018年2月から12月まで、全5回で予定されていますハーブセミナー「英国メディカルハーバリストと学ぶマテリアメディカ」のご案内です。
今回は、東京・西荻窪にあるこたつむりdesignさんを会場に、ひとつひとつのハーブを深く学びたい方向けの講座を開講します。資格や経験は問いませんが、ハーブ療法の基礎を学ばれた方を対象とさせていただいています。詳細はポスターをご参照ください。

詳細は こたつむりdesign:info@kota2muri.comまでお問い合わせください。


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-15 13:49 | Work

するぶ植物雑話「ナリ味噌 その1」

a0057830_11332011.jpg
アロマセラピーと植物療法の専門雑誌「aromatopia」に掲載している「するぶ植物雑話」は、私の暮らす奄美大島、するぶ集落での暮らしを伝えるコラムです。シマ(集落)で身近にある植物を日々の生活にどのように活かしてきたかをシマの先輩方に伺い、消えつつある植物を使った知恵や記憶を書き留めたいと思っています。植物が薬草や食材としてのどう活用されていたかだけでなく、生活の知恵、幼少期の遊びなどを含め広く植物と共にある暮らしを取り上げていく予定です。

シマにお住まいの植物に詳しい方、手作りのお料理が得意な方など、皆さんから聞きに行くといいと名の上がった方にまずはお話を聞いていますが、特別なことでなく皆さんが何んでもないと思っているような幼少期のお話が貴重な情報になります。数人のグループにお話を聞くと、おひとりが昔はこんなことをやってたというと、他の方もそうそうと話が広がっていって話が深まることもあります。

今回は、ナリ味噌についてお話を伺いました。奄美大島に来るまで見たことがありませんでしたが、蘇鉄の赤い実を収穫して作る蘇鉄味噌のことです。奄美大島のスーパーマーケットや小さな商店、お土産やさんで購入できます。塩っ気はあまりなく、鰹節、落花生、ザラメで味付けしてあるのでふりかけのようにつかっています。これがあると、ご飯がとても進みます。おにぎりの真ん中に入れて握るのもオススメです。

そんなナリ味噌を今も変昔ながらの製法で作っている方がするぶにはいらっしゃいます。写真のものがナリ味噌、手作りの3年ものです。色も濃く深く香りがいい。
ナリ味噌を実際に作るのは、2月の一番寒い頃になります。
仕込みの時にまた伺って、作り方を教えていただく予定です。「毎年通うのでお願いします」とご挨拶してきました。


a0057830_11191614.jpg
(タキおば:2017.11.27)


[PR]
by Saori_Ishimaru | 2017-12-01 19:11 | Diet